東京メトロの「半蔵門・麹町駅」「築地・新富町駅」が“住みやすさ”上位の理由とは?

 大東建託は過去最大規模の居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2020<首都圏版>」を発表した。「住みここち『駅』ランキング」のトップ3は「半蔵門・麹町G(グループ)」「築地・新富町A(エリア)」「世田谷代田」、「住みここち『自治体』ランキング」のトップ3は「東京都中央区」「東京都文京区」「東京都目黒区」となっている。

 大東建託賃貸未来研究所所長・AI-DXラボの宗健氏が6月18日にオンライン記者発表会を行い、内容について解説した。

「半蔵門・麹町G」が1位の理由

 まず、「住みここち『駅』ランキング」のトップ10は以下の通りだ。

1.東京メトロ半蔵門線/半蔵門・麹町G

2.東京メトロ日比谷線/築地・新富町A

3.小田急線/世田谷代田

4.東京メトロ日比谷線/広尾

5.東京メトロ南北線/東大前

6.東京メトロ丸ノ内線/本郷三丁目

7.東京メトロ丸ノ内線/後楽園G

8.みなとみらい線/元町・中華街

9.東京メトロ千代田線/代々木上原

10.東京メトロ銀座線/表参道

 前年と比較すると、2位だった市ヶ谷が69位になるなど、ランキングは大きく変動した。しかし、順位の下落は必ずしも評価の下落ではなく、回答属性の変化も影響しているという。

 一方で、新たに登場したのが半蔵門・麹町Gと世田谷代田だ。半蔵門・麹町Gは「IT企業やメーカーなどのオフィスビルが数多くあり、皇居の南側で桜のきれいな場所。大使館も多くあり、静かで治安が良い住環境で、昔ながらの高級住宅地です」(宗氏)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク