精神科医に聞く「統合失調症患者と新型コロナ」…巷でウワサの“コロナ鬱”の実態とは?

 日本の医療現場に大混乱を引き起こした、新型コロナウイルスの感染拡大。各地の一般病棟では病床が逼迫し、PCR検査をなかなか受けられない状況や患者のたらい回しが社会問題となった。そのとき、同じ医療界でも感染症とは直接関わりのない精神科の領域においては、どんなことが起きていたのだろうか? 昭和大学附属烏山病院の院長であり、本サイトで「偉人たちの診察室」を連載中の精神科医、岩波明氏に話を聞いた。

【後編「新型コロナでもオンライン診療は増えない! 診療報酬システムと、医療費を抑えたい国の思惑」はこちら】

精神疾患のある新型コロナ陽性者を一般病棟で診るのは難しい

――新型コロナの感染が拡大した当初、精神科病院や大学病院の精神科はどんな対応を迫られましたか?

岩波明(以下、岩波) 私の勤務先である昭和大学附属烏山病院のある東京都では、精神疾患のある新型コロナ陽性者については、原則として東京都立松沢病院(東京都世田谷区)で治療する、という方針がまず決められました。よく知られているように松沢病院は、病床数898床の日本最大の精神科病院で、精神疾患のある結核患者などを診る20床ほどの感染症病棟を有しています。そこが、新型コロナ陽性者の専用病棟になったわけです。この松沢病院を中心に、他のいくつかの公的病院の精神科が、新型コロナ陽性の精神科患者に対応してきました。

 ところが、ニュースでも大きく報じられましたが、2020年5月下旬に武蔵野中央病院(東京都小金井市)の精神科病棟で新型コロナ陽性者30人以上のクラスターが発生したことによって、松沢病院が満床になってしまいました。それで東京都から、大学病院の精神科、続いて民間の精神科病院の一部に対し、新型コロナ関連の精神科患者を受けいれてほしいという要請がありました。この要請を昭和大学はお引き受けしましたが、協力した施設と断った施設はおよそ半々だったようです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク