サイバーエージェント、電通を時価総額で一時逆転…国内広告会社トップの座、交代目前か

 ネット広告のサイバーエージェントの時価総額は7800億円。広告最大手、電通グループは1兆36億円(11月11日終値)。一時はサイバーの時価総額は電通に肉薄していたが、電通が1兆円の大台を回復し突き放した。

 時価総額の逆転は、これまでも何度かあった。サイバーの時価総額は2020年4月4日、電通の時価総額を一時的に逆転した。サイバーが5134億円、電通は5127億円。4月4日の終値で再び電通の株価がサイバーを上回り、逆転は一時的なものに終った。

 5月20日、サイバーの時価総額が終値ベースで初めて電通を逆転した。サイバー株は一時、前日比6%高の5370円まで買われ、18年11月以来の高値水準となった。終値ベースでの時価総額は6713億円。電通の6670億円を上回った。その後、電通が再逆転した。

 10月21日、サイバーは株式分割を考慮した実質の上場来高値7030円をつけ、時価総額は8000億円を超えた。同日の終値を基準とした時価総額はサイバーが8571億円。電通は8897億円。サイバーが電通に、かなり肉薄した。

コロナの影響はあったが広告事業で増収増益を達成

 サイバーは10月28日、2020年9月期連結決算を発表した。ライブ配信による決算説明会に登場した藤田晋社長は、「上場して20年を迎え、売上高は5000億円突破を目前にし、なお成長を続けている」と胸を張った。売上高は前期比5.5%増の4785億円、営業利益は9.9%増の338億円。前の期にあった減損損失がなくなったことから純利益は3.9倍の66億円だった。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク