忠臣蔵と赤穂事件…「吉良上野介を処罰するなんてムリ!」という“幕府の論理”を考える

江戸城・松の廊下の刃傷事件

 12月14日といえば、忠臣蔵の日である。

 元禄15年12月14日(1703年1月)、本所松坂(現在の東京都墨田区両国のあたり)の吉良邸に赤穂浪士が討ち入り、元高家肝煎(こうけきもいり)の吉良上野介義央(きら・こうずけのすけ・よしなか/よしひさともいう)を討ち取って、主君・浅野内匠頭長矩(あさの・たくみのかみ・ながのり)の仇討を果たした。

 その前年の元禄14年3月14日、江戸城松の廊下で吉良が浅野によって突然斬りつけられた。

浅野内匠頭が吉良上野介を斬りつけたのは、なぜ3月だったのか?

 江戸幕府には高家(こうけ)という、儀式を司(つかさど)り、朝廷や伝統のある寺社などとの交渉を担当する役職があった。幕府は毎年正月に高家を京都朝廷に派遣して年始の挨拶を行い、3月頃にはその返礼として京都から勅使が江戸に下向して幕府に挨拶をする慣習があった。

 天和3(1683)年に高家衆の統括役として高家肝煎が設置され、3人が選ばれた。京都朝廷への年始挨拶は、高家の職務のなかでも重要と考えられていたらしく、それ以降は高家肝煎が担っていた。

 元禄14年の朝廷への年始挨拶は、高家肝煎・吉良義央が担当した。

 1月11日に江戸を立ち、2月29日に江戸に戻って将軍・徳川綱吉に拝謁(朝廷への年始挨拶では、出立および帰府の際に将軍に拝謁し報告することが慣例となっていた)。

 朝廷からの答礼の勅使・院使(天皇および上皇からの使者)が3月11日に江戸に到着した。京都朝廷から公家が下向してくると、江戸幕府は将軍の使者として、老中・高家肝煎が宿所を訪れて慰問した。また、高家の指導のもと、勅使を饗応接待する馳走役(ちそうやく)として、5万石くらいの大名が任命された。浅野長矩のほかには、伊予吉田藩主・伊達村豊(むらとよ)が任命されていた。


編集部おすすめ
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク