人気のプログラミングスクールの罠…高額な受講料が無駄に?“転職保証型”の盲点

       

テレワークの導入など柔軟な働き方ができることや、コロナ禍でもITへの需要が高まっていることから、IT業界への転職希望者が増加傾向にある。そんななかで注目されたのが、プログラミングスクールだ。

その名の通り、IT業界で必要な技術やプログラミング言語について学ぶことができる学校のことで、受講期間や受講料はスクールによってさまざま。なかには60万円、70万円と受講料が高額なスクールや、転職できなければ受講料を返金する“転職保証”を謳うスクールも存在する。

しかし、SNSではプログラミングスクールに通ったにもかかわらず、望んでいたような企業や職種に就けなかったという嘆きの声も上がっている。はたしてIT業界への転職のためにプログラミングスクールを受講することは、有効な選択肢といえるのだろうか。20代に特化した転職エージェント「株式会社UZUZ」でキャリアアドバイザーを務める森川剛氏に話を聞いた。

教えることに特化していたプログラミングスクールの弱点

そもそも、プログラミングスクールはいつ頃から登場したのだろうか。

「スクールの数が増加し、名前がよく聞かれるようになったのはここ2、3年の出来事ですが、プログラミングスクール自体は4、5年ほど前から存在していました。当初は個人にIT業界への就職支援を行う役割はなく、企業が新人研修の代用として利用するような、単純にプログラミングを学ぶための場所だったんです。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プログラミング」に関する記事

「プログラミング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プログラミング」の記事

次に読みたい「プログラミング」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月14日のIT記事

キーワード一覧

  1. プログラミング アプリ

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。