冬を代表する味覚「焼き芋」。かつてはトラックやリヤカーでの移動販売がメインだったが、今ではスーパーやコンビニなどの小売店でも、店内で焼き上げた焼き芋が売られるようになってきている。

 気軽に買えるようになった焼き芋だが、芋の品種以外にも、店ごとの味の違いは意外と大きい。今回は5社の焼き芋を実食し、食感や甘さなどを比較・検証してみた(価格は税込み、甘さは5段階評価)。

イオン

品種:紅優甘
価格:213円
食感:ねっとりとほくほくの中間
甘さ:3
その他の販売品種:安納芋(267円)、シルクスイート(267円)、紅あずま(192円)

 5品の中で、糖度、食感ともに最もバランスが取れていると感じたのが、イオンの焼き芋だ。今回は紅優甘をチョイスしたが、なめらかな食感が特徴の安納芋とシルクスイート、ほくほく系の紅あずまなど、ラインナップも幅広い。販売する品種は店舗や日時によって異なるという。

 イオンの「紅優甘」は持ってみるとしっかりした感触なので「ほくほく系」かと思いきや、ところどころでねっとりとした食感も味わえる。まさに、1本で二度おいしい焼き芋だ。糖度も甘すぎず芋感もあり、バターなどをつけてもマッチするだろう。香ばしい皮も、さつまいもの甘さにアクセントを与えている。

 イオンの焼き芋売り場では、焼き上がりの目安時間を記載してアナウンスしてくれる店舗も多いため、焼きたてを狙って買うことも可能。ただし、常にすべての品種が売られているわけではないので、お目当ての品種がないこともある。