『青天を衝け』堤真一じゃないほうの平岡準蔵って誰?…家康に仕えた平岡一族の数奇な運命

明治維新後、渋沢栄一は駿府藩で大久保一翁に面会…その隣りにいた駿府藩の重臣・平岡準蔵とは?

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第26回(9月12日放送)で、渋沢栄一(演:吉沢亮)は駿府藩(のちの静岡藩)徳川家に向かう。

 意外に知られていないが、明治維新後、徳川将軍家(徳川宗家)は一大名として駿河静岡に転封されたのだ。栄一は一橋徳川家の家臣だったが、徳川慶喜(演:草彅剛)が将軍家を継ぐにともなって、慶喜に従って将軍家家臣=幕臣となった。明治維新で慶喜が謹慎を余儀なくされ、家督を田安徳川亀之助(のちの家達/いえさと)に譲ると、栄一の主は慶喜ではなく、徳川宗家=駿府藩ということになる。ややこしいが、それが江戸時代(もう明治時代なのだが)の論理なのだ。

 話が横にそれたが、栄一は駿府藩で重臣の大久保一翁(いちおう/演:木場勝巳)と平岡準蔵(演:大竹直)に面会する。

 ん? また、平岡か?

 残念ながら、一橋家家臣・平岡円四郎(演:堤真一)と準蔵は親戚ではない。たまたま苗字が同じだけで、赤の他人だったらしい。

もともとは甲斐武田家に仕えた平岡家…初代・平岡道成は家康に仕えるも、その後子孫は改易と復帰を繰り返す

 そもそも平岡準蔵の家系はどのようなものだったのか?

 平岡家の先祖は甲斐武田家に仕え、初代・平岡道成は武田家滅亡後に家康に仕え、甲斐国の代官となった。

 甲斐出身の代官で有名な人物に、大久保長安(ちょうあん)がいる。猿楽師の子に生まれ、金山開発で手腕を発揮し、江戸幕府創成期の経済官僚として絶頂を極めたが、その死後不正蓄財が発覚し、改易された。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク