加齢で衰えた代謝にカツを入れる。脂肪燃焼ボディをつくる4つの習慣

加齢で衰えた代謝にカツを入れる。脂肪燃焼ボディをつくる4つの習慣
アラフォーになってから太りやすくなった......なんて思っているのは筆者だけではないかもしれません。そんな方は代謝の衰えが原因のひとつと考えられます。

そもそも基礎代謝とは横になった状態で、呼吸や体温の維持に必要な最小限のエネルギー量。この代謝率は身長、年齢、筋肉量、DNA等によってひとりひとり異なるそうです。そしてこの代謝率が下がると、エネルギーの消費量が減り、同じ生活をしていても太りやすくなると言います。

Fox News」に年齢と共に自然に下がる代謝を普段の生活習慣で補い、脂肪が燃えやすい身体になる方法が紹介されていました。

1:代謝を上げるために欠かせない有酸素運動

有酸素運動が脂肪燃焼に効果的ということは知られていますが、運動後にも大きな影響があるそうです。

ある研究によると、47分間全力で自転車漕ぎをした結果、自転車漕ぎによって通常燃焼する519キロカロリーに加えて、運動後14時間でさらに190キロのカロリーが燃焼することが分かったそう。

週に2、3回、汗をかく程度の運動を45分間することで、脂肪をためにくい身体をつくる事ができるとのことなので、とにかくダイエットの効果を出したい! という人はこれを必要な運動量の目安にするといいかもしれません。

2:睡眠不足は代謝が下がる

長時間起きていた方が、エネルギーを多く燃焼するのでは? なんて思ってしまいますが、研究によれば、一晩徹夜するとその次の日の基礎代謝が5%ほど下がるのだそうです。まさに睡眠不足は百害あって一利なしです。

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月28日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。