正直でいるよりウソをついた方が人間関係はうまくいく?

正直でいるよりウソをついた方が人間関係はうまくいく?
Meeting Around Boardroom Table via Shutterstock

円滑な人間関係や人生の基本は「正直でいること」なんて思っていませんか。

仕事でもプライベートでも様々な人と関わらなければならない働く女性にとって、人間関係をどうやって良好に保つかは死活問題。 でも正直でいることは人間関係においてマイナスにはなってもプラスにはならないという意見があります。

アメリカの哲学者で『Love and Lie(愛と嘘)』の著者でもあるクランシー・マーティン(Clancy Martin)氏は常に正直でいるなどとんでもない!良好な関係を築くためにはウソは必要不可欠だと言います。

ウソが人間関係を円滑にする

人間関係は、考えていることを毎回そのまま口にしない方が長続きするのです。叫びたい時にも、気持ちを隠し、見せかけて、笑わなくてはいけないのです。要するに、ウソをつかなくてはいけないのです。

The New York Times」より翻訳引用

同氏の考えは極端にも思えますが、毎日生活していると様々な感情が入り混じるものです。一時の感情でネガティブな考えが浮かんでも、相手にそれを伝えず、自分の中で抑えるのは誰もが日常的に行っているのではないでしょうか。

研究によると、通常の会話において、私たちは10分毎に平均で2、3回ウソをついています。

 「The New York Times

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月12日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。