『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説

『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説
拡大する(全8枚)
タイタニック』 の「後編」が、2021年5月14日に金曜ロードショーで放送されます。

そのクライマックスおよびラストは、観る人によって解釈が異なる、とても多層的な構造になっています。ここでは、終盤で年老いたヒロインのローズが「なぜあの行動をしたのか」という疑問を、劇中の描写から解き明かしてみます。

※以下からは『タイタニック』本編のラストを含むネタバレに触れています。まだ観たことがないという方は、観賞後にお読みください。

※「前編」にあたるシーンの考察および、タイタニック号における格差社会の構造についてはこちらで書きました↓
『タイタニック』「7つ」のポイント解説~当時の格差社会から読み解く~ 

1:碧洋のハートは「呪い」の象徴?

『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説

 
17歳のローズは「碧洋のハート(Heat of Ocean)」と呼ばれるブルーダイヤモンドのネックレスを婚約者のキャルからプレゼントされ、そして晩年まで隠し持っていました。先にはっきりと申し上げておくと、この碧洋のハートは素敵な名前やハートの形とは裏腹の、「呪い」の象徴であるとも解釈できます。

その証拠の1つが、「“ホープダイヤモンド”よりも高価」と語られていることです。ホープダイヤモンドとは、希望(Hope)という名前とは真逆の、「所有した人を次々と破滅させながら、別の人の手に渡っていった」ことで有名な実在の宝石なのです。

劇中の碧洋のハートは、かつての所有者のルイ16世がフランス革命により首と共に全てを失ったと説明されていました。その上、ジャケットのポケットに碧洋のハートを入れられたジャックは凍死し、生き延びたキャルも大恐慌のためにピストル自殺をしてしまいます。やはり、

この記事の画像

「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像1 「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像2 「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像3 「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像4
「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像5 「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像6 「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像7 「『タイタニック』ローズはなぜ最後に「捨てた」のか?その理由を全力解説」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「タイタニック」に関する記事

「タイタニック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「タイタニック」の記事

次に読みたい「タイタニック」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク