tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年
拡大する(全7枚)

tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの...の画像はこちら >>



Text by 黒田隆憲
Text by 川浦慧
Text by 廣田達也



tofubeatsによる4年ぶりのフルアルバム『REFLECTION』は、ゲストシンガーを呼ばず、ほぼ一人きりでつくり上げた前作『RUN』(2018年)から一転、中村佳穂をはじめ、地元神戸を拠点とするヒップホップユニットNeibissや、Kotetsu Shoichiro、UG Noodleら多数のアーティストと積極的にコラボレーションを行っている。「反射」や「反映」を意味するタイトルを冠した本作だが、自らを「他者」という鏡に映し出すことによって、その輪郭を知ろうとするtofubeatsの行為は、コロナ禍で自分自身と一人向き合うことに疲弊してしまった私たちの心を「反映(reflect)」しているかのようだ。



思えばtofubeatsの楽曲は、“朝が来るまで終わる事のないダンスを”が「アンチ風営法ソング」として使用されたり、“陰謀論”リリースのタイミングで緊急事態宣言が発令され、その後コロナワクチンが広がっていくなかでふたたび取り沙汰されたりと、自身が望むと望まざるとにかかわらず、作品が社会のなかで特別な「意味」を帯びてしまうことが何度もあった。そのことについて、本人はいまどのような心境でいるのだろうか。



前作リリース後に突発性難聴を患い、そのことをきっかけに執筆した初の著書『トーフビーツの難聴日記』を上梓したtofubeatsに、この4年間を振り返ってもらった。


この記事の画像

「tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年」の画像1 「tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年」の画像2 「tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年」の画像3 「tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年」の画像4
「tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年」の画像5 「tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年」の画像6 「tofubeatsが明かす突発性難聴の日々。上京や結婚などの変化、自らを探りつづけた4年」の画像7