クリストファー・ノーラン×山崎貴『オッペンハイマー』対談映像...の画像はこちら >>



Text by CINRA編集部



メイン画像:© Universal Pictures. All Rights Reserved.



映画『オッペンハイマー』の監督クリストファー・ノーランと山崎貴の対談映像が到着した。



『第96回アカデミー賞』作品賞など最多7部門を受賞した同作は第二次世界大戦下、アメリカの極秘プロジェクト「マンハッタン計画」に参加し、世界の運命を握った科学者J・ロバート・オッペンハイマーの栄光と没落の生涯を実話にもとづいて描いた作品。

オッペンハイマーは優秀な科学者たちを率いて世界で初となる原子爆弾の開発に成功するが、原爆が実戦で投下されると、その惨状を聞いて深く苦悩するようになるというあらすじだ。3月29日に日本公開。



2人が『オッペンハイマー』について語る対談映像は、山崎の「知的好奇心を刺激されました」という感想からスタート。同作に触発された山崎が「日本が返答の映画を作らねばならない」と宣言すると、ノーラン監督は「アンサー映画を作るのであれば山崎監督以上にふさわしい監督は思い浮かびません。ぜひ実現していただけたらと思います。これからも山崎監督の作品を楽しみにしています」と笑顔で応じた。



あわせて著名人コメントも到着。



【渡辺謙のコメント】
「クリス・ノーラン」僕にとってだけでなく、多くの観客の脳内をかきまわす監督である。
『メメント』から始まって、『インセプション』、『TENET テネット』と時空を彷徨う人達が錯綜する話を手掛け、今度は天才物理学者を描いた『オッペンハイマー』、原子爆弾を開発した男だ。
日本は被爆国でもあり、この映画が日本で公開されるのか心配していた。かく言う僕も恐る恐る試写の席に着いた。
今も、この世界を終わらせてしまうかもしれない爆弾を作った男が、細やかに、エキセントリックに描かれていた。

盟友キリアン・マーフィーがそれを丹念に生きていた。だらしなく、誠実で、時代に流されていく男を。
彼の幻覚の中にある、被曝の実態を世界はどう見てくれたのか。日本の観客にとっても観ておくべき作品なのだと思った。



【山崎貴のコメント】
ノーラン監督の作品には常に知的好奇心を刺激される。パーフェクトに近いスペクタクルを完成させながらも、パンドラの箱を空けてしまったオッペンハイマーという科学者の、善悪が渾然一体となった人間性を浮かび上がらせ、彼の思惑や社会的地位を、時系列を組み替えハードなテーマながらエンターテインメントとして見事に創り上げた。

あの時代に何が起こっていたのか目撃して欲しい。



【白石和彌のコメント】
凄まじい映画体験。人類が悪魔を生み出す瞬間を全身震えながら目撃する。
ノーランの最高傑作であり、正攻法で描く反戦映画。間違いなく今年の見るべき一作です。



【樋口真嗣のコメント】
映画の中でいかに物語を伝えるか。

数奇な運命に翻弄された実在する人物を紹介するか。
善悪のように単純化されることのない複雑な混沌が渦巻く世界がそこにある。
かつて体験したことのない人生が体感できる。これこそ、新しい映画なのだ。



【原田眞人のコメント】
映画史に燦然と輝く「市民ケーン」に匹敵する偉業をクリストファー・ノーランは成し遂げた。音と光のインパクトでオッペンハイマーの心奥に飛び込む導入部から、核分裂の連鎖反応のようにぶつかり火花を散らす華麗なる演技陣の対決が続く終盤部まで、ノーランの緻密な映画力学に圧倒される。

日本の映画人としては、この大傑作に応ずる形で、破壊の雨(レイン・オヴ・ルイン)を浴びた広島・長崎の人々の姿を克明に描く義務を、震えが来るほど強く感じた。



【森達也のコメント】
広島・長崎への原爆投下に対する評価。魔女狩りのように吹き荒れた赤狩り。そして最先端科学と軍事の接合(デュアルユース)。アメリカの戦後における3つのダークサイドに、ノーランは正面から切り込んだ。
その手法は徹底して映画そのもの。

濁流のようにあふれる映像と音。だからこそ透けて見えるオッペンハイマーの苦悩と絶望。断言できる。間違いなくノーランの最高傑作だ。



【こうの史代のコメント】
「核兵器は狂気の天才のしわざ」なんて逃げ道は、この映画にはありませんでした。
科学は誰にでも微笑みかけるし、私欲はどこにでも罠をはる。けれど、人はいつでも善意を宿すことができる。この映画に関わるすべての人の善意と勇気に感謝するばかりです。



【ロバート・キャンベルのコメント】
天才物理学者の一生を彩る才気と驕りと判断ミス、静かな没落。悍ましい兵器の開発をつぶさに描き、主人公の視点から遠く離れないことでむしろ破壊をいまだ正視できないアメリカの矛盾と、本人の呵責を鮮やかに炙り出した力作。



【橋本幸士のコメント】
心が深く、えぐられました。物理学が世界を変えていく、それが物理学者の生活感情に深く結合している。僕が漠然と感じてきたことが、非常にリアルな体験へと変換され、一挙に心になだれ込みました。僕は、なすすべがありませんでした。本作は物理学者の心に迫る映画であると同時に、人類に問いかける、傑作です。



【朝長万左男(長崎県被爆者手帳友の会)のコメント】
人類史上初の原爆製造の責任者オッペンハイマーの生涯をクリストファー・ノーラン監督が描く。前半は徹底した機密の実験成功までをリアルに描く。成功に沸くなか、オッピーの心の底には「自分は死神」という悩みが始まる。トルーマン大統領に面会すると彼はその悩みを告白する。トルーマンはこんな弱虫は二度と連れてくるなと言い放つ。後半は、原爆から水爆に進もうとする米国の核政策に抗い、国側の政治家たちと核の非人道性を理解する科学者の対決となって、ついには原子力界から追放される。これは核なき世界が遠のきつつある現在の世界の根本問題にもつながる。ここにノーラン監督の政治家の責任を追求する秘めたメッセージが感じられるのである。



【堀潤のコメント】
あれだけの悲劇を経験してもなお私達は手にしていないものがある。目を逸らし、面倒くさがり、遠ざけているもの。それは「政治」への関与だ。馬鹿馬鹿しい政治家の権力闘争は放置され続け、科学を暴力へと貶めていく。日本人だからこそ、この映画を見るべきだ。



【芝山幹郎のコメント】
『オッペンハイマー』は『アラビアのロレンス』を想起させる。どちらも、明晰で鋭敏で繊細で、しかし評価をめぐって物議を醸した人物の映画だ。謎めいた化学記号のようなその肖像を、クリストファー・ノーランはめざましい手腕で描き上げる。イメージはもちろんのこと、情感やオブセッションを「積み重ねる力」に眼をみはった。



【トラウデン直美のコメント】
この映画は衝撃の連続でした。天才の見ている世界はこうなっているのか、と思わせる美しい映像と音楽の世界観に。歴史の大きな波と人々の思惑が重なり合ったストーリーの重厚さに。世界を変える未知の技術への興奮とその影響力への恐れは、開発者の手を離れたが最後、それらの運命を決めることはできないのでしょう。
人間は知的好奇心を抑え込むことはできない、そして新たな技術を必ずしも望ましい形で利用できるとは限らない。技術の進歩著しい今に生きる私たちに過去の天才達はどんなメッセージを残すのか想像せずにはいられません。
そして、被爆国日本に住む私たちはこの映画から何を感じ、どんなメッセージを世界に伝えられるのでしょうか。



【平岡敬のコメント】
オッペンハイマーは英雄ではなく、矛盾に満ちた人間である。
科学者の研究成果が、国家によって殺人兵器に利用されたため、彼は道義的責任に苦しむことになった。
彼が感じた世界の破滅への危惧は、いま現実となってわたしたちの世界を覆っている。
核の脅威を秘匿する危険性を訴えたために、彼は赤狩りの標的になった。その頃の空気は今の時代にも満ちている。
そして足を踏み鳴らして、彼を英雄として迎える研究所員の姿は、民衆が国家にからめとられる状況を暗示しているようだ。
それゆえ、もう一度観て、核抑止力を信奉する国家とは何か、を考えたい。



【細木信宏のコメント】
数奇な理論物理学者ロバート・オッペンハイマーに聞こえていた発明の漣(さざなみ)は、想像し難い原爆という全てを飲み込む大波となり、歴史という海原を超えて我々の魂にこだまし、放射能という戦争が生んだ深い痕跡を残してゆく。忘れられない傑作。



【平井伊都子のコメント】
世紀の発見が人類の未来を永遠に変えたばかりか、国にも見放された男の混乱と苦悩をかつてない映画的表現で描き、観客を物語に没入させる。オッペンハイマーの原爆開発を美化するのではなく、想像の範疇を超えた悲劇と後悔に苛まれた研究者の運命を描く“反戦映画”。



【落合陽一のコメント】
マンハッタン計画を時系列で捉えると単調な人間讃歌になる.予期はできたが予期せぬ結果,その利用と称賛,自己批判,これは研究者当人以外には理解し難い内的葛藤がある.その内的葛藤に切り込んだストーリーを時系列を絡み合わせて提示することで作品としての旨みが作り込まれている.難解か?そんなことはない.何より単純に原子爆弾の圧倒的エネルギーの暴力性が音と光で満ち溢れ,我々の脳裏に様々なカタルシス,畏怖や悲しみを想起させる.



【アーサー・ビナードのコメント】
物理学をここまでスリリングに描いた映画は前代未聞だ。しかも極秘の開発プロジェクトの内部を、インサイダーの視点でぼくらに見せてくれる。見事なセリフの刺激は絶えず脳を覚醒する。人類初の核兵器を作ったオッペンハイマーたちこそ、最初のヒバクシャにもなったことが、身にしみる。



【笠井信輔のコメント】
日本での公開は全世界より大きく遅れた。日本人には過酷過ぎるのか?
否!強烈な反戦映画であり、繊細な科学者の葛藤を想像を超えた編集と大迫力の音響で描くIMAXで見るべき伝記映画などこれまで存在しなかった。
アカデミー賞7部門受賞は伊達じゃない。戦争におけるアメリカの基本精神は今も変わっていないのだ。日本人こそ見るべき映画だ。



【前嶋和弘のコメント】
ナチスよりも先に原爆開発に成功することは、ユダヤ人であるオッペンハイマーにとって差別との戦いでもあった。ただその「大成功」は永続的な苦しみの拡大再生産の始まりだった。そこに至るまでのオッペンハイマーの心の動きを追体験できるのが、この映画だ。



【中江有里のコメント】
世界を崩壊させるかもしれない、恐ろしく、興奮する場面に居合わせた。
映画「オッペンハイマー」は見る芸術じゃなく、体感する芸術だ。



【小林エリカのコメント】
神の力を手に入れようとする人間、男たちの、情熱と、欲望と、その尊大さと卑小さに戦慄する。その美と恐怖と自己中心的な思考を残酷なまでの緻密さで織りあげ、私たちに体感させる。