ニコニコ動画などの復旧予定は「1か月以上」。懐かしの動画を視...の画像はこちら >>



Text by CINRA編集部



ニコニコ動画、ニコニコ生放送、ニコニコチャンネルなどのサービス障害について、運営元のKADOKAWAグループが本日6月14日、対応状況や今後の対応について発表した。



6月8日早朝からサービスを停止しているニコニコファミリーサービス。

調査した結果、データセンター内のサーバーがランサムウェアを含む大規模なサイバー攻撃を受けたことを確認したとのこと。その後、被害の拡大を防ぎ、データを保全するためにデータセンター内のサーバーをシャットダウンするなど緊急措置を講じた結果、同グループの複数サービスをはじめ、事業活動や経理機能を管理する基幹システムの一部にも機能停止が発生しているという。



ニコニコ以外のサービスでは、出版事業においては国内における紙書籍の受注システム、デジタル製造工場・物流システムの機能が停止しており、受注停止、生産量の減少と物流の遅延により、出荷数量が減少しているほか、国内の紙書籍や電子書籍の編集・制作支援システムの一部機能が停止しており、一部新刊(紙書籍・電子書籍)の刊行や重版制作が遅延する見込みだという。



経理機能の立て直しと、売上規模が大きい出版事業の製造・物流機能の正常化には最優先で取り組み、6月末をメドに安全なネットワーク、サーバー環境の構築と基幹システムの復旧を目指す。



ニコニコの復旧については、安全な環境下でシステムを再構築する必要があり、正確な復旧時期は被害状況の調査結果次第だが、「1か月以上かかる見込み」とのこと。再開できるサービスから順次再開していく予定としている。



現在、ニコニコ動画では「新バージョン」として「ニコニコ動画(Re:仮)」をリリース。視聴できる動画は一部となり、現在は2007年の人気動画が視聴可能とのこと。今後も更新される予定だ。ニコニコ動画のオフィシャルXアカウントでは、「サービス開始当時のように最低限の機能での視聴となりますが、停止中の間、アカウントなしでご利用いただけます」と説明している。