日本勢が31個のメダルを獲得。出場14名全員が表彰台に/クライミングアジアユース選手権2019

日本勢が31個のメダルを獲得。出場14名全員が表彰台に/クライミングアジアユース選手権2019
拡大する(全1枚)

日本勢が31個のメダルを獲得。出場14名全員が表彰台に/クライミングアジアユース選手権2019

 12~15日、インドのバンガロールにてクライミングアジアユース選手権2019が開催され、日本はジュニア、ユースA・Bの男女6カテゴリーで各種目合計31個のメダルを獲得した。

 リード、ボルダリング、スピード各種目の世代ごとのアジアユース王者を決める今大会で、日本勢が他国を圧倒した。まずはジュニア男子。リードは天笠颯太が半手差で今泉結太を上回り金メダルを獲得すると、ボルダリングでは順位が逆転して今泉が雪辱を果たす。スピードでも天笠2位、今泉3位となり、2人は各種目でメダルを手にした。

 ユースA男子では、川又玲瑛がリードとボルダリングの2冠を達成。竹田創はリードで銀、スピードで銅、ボルダリングの世界ユース王者・百合草碧皇は同種目で2位に入った。ユースB男子はリードで吉田智音、関口準太、上村悠樹が4位以下に10手差以上の差をつけるなどしてレベルの差を見せつけ、ワンツースリーフィニッシュを達成。ボルダリングでは関口と吉田が金、銀を獲得し、スピードでは上村が3位につけた。

 女子では、ジュニアで樋口結花と中村真緒がワンツーフィニッシュを決めると、ボルダリングでは中村2位、樋口3位。中村はスピードでも2位となって各種目でメダルを獲得した。ユースAではこのカテゴリーに日本勢から唯一の出場となった菊地咲希がリードで優勝。得意のボルダリングは完登に要したアテンプト数の差でわずかに敗れ2位に終わったが、スピードで3位となって女子では中村に続き全種目での表彰台となった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

CLIMBERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク