パリ五輪に向けたスポーツクライミングの強化選手、スピード育成選手制度が新設

パリ五輪に向けたスポーツクライミングの強化選手、スピード育成選手制度が新設

パリ五輪に向けたスポーツクライミングの強化選手、スピード育成選手制度が新設

 2大会連続でのスポーツクライミング競技実施が確実視されている2024年のパリ五輪に向けて、日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)が新たな強化・育成選手制度を発表した。

 JMSCAはもともと、東京五輪開催に合わせてオリンピック強化選手制度を2017年から実施している。これは国際大会への優先派遣や強化合宿などへの招集を通し、オリンピックでのメダル獲得のため重点的な強化を図るものだ。新たに発表されたのは「第1期JMSCAパリオリンピック強化選手」と「第1期JMSCAスピード育成選手」の2つ。いずれもパリ五輪での金を含む複数メダル獲得を目的とし、第1期は2020年11月から翌3月末までの5か月間を対象とする。

 リードとボルダリングによる複合種目、スピード単種目での実施が濃厚なパリ五輪だが、その強化選手は「国際競技大会において単種目または複合種目で戦える競技力を持つ可能性のある選手を世界ランキング上位者または国内外の大会の上位者から選考する」とされ、現行制度と同様にS・A・Bのランク制を導入。最上位のSランクには東京五輪代表、世界ランク3位以内、コンバインドジャパンカップ2020優勝選手などが入り、強化合宿・練習会への最優先参加権、移動宿泊費等の補助といった特典を受けることができる。

 すでにトップクラスの実力を持つ選手が選出される五輪強化選手に対し、スピード育成選手は文字通り「育成」に重点を置く。選出基準は、同強化選手を除いて、男子が8秒以内、女子が13.5秒以内の公式記録を計測していること。スピード種目の底上げが進む現状では、クリアしやすい設定タイムと言えるだろう。男女10名ずつが上限で、その特典として同強化選手のスピード強化練習会などへの参加権が与えられる。将来性ある選手を育成し、まずは国際大会での決勝進出を目指していく。

あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。