15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか

15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか
拡大する(全4枚)

15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか

 IFSC(国際スポーツクライミング連盟)は15日からの3日間、ロシア・モスクワにてパラクライミング世界選手権を開催する。

 2011年から2年に1度開催されてきた同大会は、パラクライミング界の最高峰となる国際大会で、日本はこれまでの全大会で金を含む複数メダルを獲得。前回2019年大会では金3個、合計7個のメダルを日本に持ち帰った。JPCA(日本パラクライミング協会)は代表選考会などを経て15名の2021年度日本代表選手を決定し、世界選手権には8名を派遣する。

関連記事:パラも強い! パラクライミング世界選手権2019で小林幸一郎が4連覇。日本勢7個のメダルを獲得

15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか
過去大会のメダリストたち



 精鋭が揃う代表選手たちの実力は前回大会以上との呼び声が高く、小林幸一郎、吉田藍香には連覇の期待が懸かる。特に当時51歳で臨んだ前回大会で4連覇を果たした小林は圧倒的な強さを誇っている。IFSCは2028年パラリンピック(米国・ロサンゼルス)でパラクライミングの正式種目化を目指すことを表明している。今後の動向が注目される中で、日本勢はその強さを見せつけられるか。

 大会は16日から始まるクライミング世界選手権と同じ2つの会場を使用する。決勝はIFSCのYouTube公式チャンネルでライブ配信される予定だ。彼らパラクライマーたちの登りにも声援を送りたい。

この記事の画像

「15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか」の画像1 「15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか」の画像2 「15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか」の画像3 「15日からはパラクライミング世界選手権 今大会も日本勢のメダルラッシュなるか」の画像4

あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク