2022年のクライミングW杯が明日開幕! スイスでボルダリング第1戦
拡大する(全1枚)

2022年のクライミングW杯が明日開幕! スイスでボルダリング第1戦

 スポーツクライミングのW杯2022年シーズンがいよいよ明日、スイス・マイリンゲンで開幕する。

 予定されていたモスクワ大会の中止により、これが今季初戦となるマイリンゲン大会ではボルダリング第1戦が行われる。エントリーリストには36カ国から男女合わせて199人が名を連ね、ボルダリングのW杯国別ランキングで7年連続1位の強豪国・日本(コロナ禍で未開催だった2020年を除く)からは男子9人、女子7人がエントリーした。

関連記事:クライミングW杯開幕を前に藤井、緒方、伊藤が意気込み 「大事な年になる」「楽しみ」

 日本男子は昨季年間1位に輝いた緒方良行、昨季世界選手権王者の藤井快、2月のボルダリングジャパンカップ(以下BJC)を制した楢崎智亜の世界ランキングトップ3がそろい踏みとなり、女子も東京五輪出場の野中生萌、BJC女王の倉菜々子、同3位の伊藤ふたばらが参戦。さらに吉田智音、山口賢人、青柳未愛、小池はな、松藤藍夢はボルダリングW杯デビューを迎える。

 過去に行われた大会で何度も表彰台に上がるなど、日本勢はマイリンゲンと相性が良い。男子はチェコの有力選手アダム・アンドラが不在となる中、昨季インスブルック大会で表彰台を独占した緒方、藤井、楢崎を中心とした優勝争いに期待できる。女子は昨年の実績を考えると五輪金メダリストのヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、世界ランキング1位のナタリア・グロスマン(米国)が頭一つ抜けているか。野中をはじめとした日本勢が対抗馬となり、シーズンを占う開幕戦で表彰台入りを狙う。各選手とも、