ストレスと肥満の深い関係

ストレスと肥満の深い関係
拡大する(全2枚)

 ダイエットにとってもっとも良くないことが、ストレスと言っても過言ではないと思います。ストレスを強く感じ続けるとドカ食いをしてしまったり、脂肪を余分に蓄えたりしてしまい、ダイエットにとってはマイナスなことばかりです。

ストレスと肥満の深い関係の画像はこちら >>

【ストレスは肥満の原因になる!】

 お仕事やプライベートで、ストレスを感じることも多いと思います。

強いストレスにさらされ続けると、コルチゾールというストレスに対抗するホルモンが分泌されます。このストレス対抗ホルモンが肥満に大きく関わっていて、ドカ食いや脂肪を蓄えやすい体になる原因となのです。

 本来であれば、このストレスに対抗するホルモンは体にとって必要なホルモンですが、ストレスを感じすぎるなどで分泌量が増加すると、上記したこと以外にも体に不調が出てきてしまいます。

・今すぐ読みたい→
夜中に足がつることはありませんか?こむら返りの原因と対処法 https://cocokara-next.com/fitness/about-muscle-cramps/

【ストレスと肥満が関係する理由】

 ストレスが肥満に繋がってしまう理由は多々あります。

1. 脂肪を蓄えやすくなる
コルチゾールの影響で、体は普段以上に脂肪を蓄えようとしてしまいます。これが太りやすい体質になる原因です。

2. 食欲抑制ができなくなる
コルチゾールが過剰に分泌されると、レプチンという食欲抑制ホルモンの分泌量が著しく低下してしまい、甘い物や好きなものをたくさん食べたくなってしまうのです。これがストレスを感じるとドカ食いしたくなる原因です。


この記事の画像

「ストレスと肥満の深い関係」の画像1 「ストレスと肥満の深い関係」の画像2

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク