水谷豊が主演を務めるドラマ相棒 season20』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)がクランクアップ。今シーズンをもって本作を卒業する反町隆史が、あふれだす思いをこめて水谷とがっちり握手&ハグする様子が公開された。

【写真】4代目“相棒”完走に万感の思いで水谷豊とハグする反町隆史

 2015年10月以来、7年という長きにわたって杉下右京(水谷)とともに数々の事件に挑んできた、冠城亘(反町)――。彼のラストエピソードであり、『season20』の最終回スペシャル前篇『冠城亘最後の事件―仇敵』が16日に放送される。

 『season20』最後の撮影は、水谷、反町のほか、青木年男役・浅利陽介、角田六郎役・山西惇が、おなじみ特命係のセットで顔を突き合わせるシーン。4人は最後のやりとりを慈しむかのように丁寧にテークを重ね、「カットOK! これにてオールアップです!」というスタッフの声が響くと、スタジオは大きな拍手に包まれた。

 反町と水谷は互いに花束を贈りあい、力強くハグを交わすが、そこに乱入したのが、レギュラーキャストたち。実は、反町の“卒業”を見届けるべく、その日、撮影がない小出茉梨役・森口瑤子、伊丹憲一役・川原和久、芹沢慶二役・山中崇史、出雲麗音役・篠原ゆき子、中園照生役・小野了らがこっそりスタジオに駆けつけていた。一同からサプライズで花束を渡された反町は、言葉にならないといった表情で深々と頭を下げていた。

 その後に開催されたセレモニーでは、メイン脚本家・輿水泰弘氏をはじめとするスタッフ、キャストから反町にはなむけの言葉が。7年間、苦楽をともにした仲間からのメッセージを受け、反町は「今日は“ついにこの日が来たな”という気持ちで朝を迎えました。最初の1年目は無我夢中でした。2年目も夢中でした。3年目、少し慣れてきました。そして4年目、5年目と続く中、みなさんと一緒に長くあり続ける冠城亘でいたいなと思うようになり、僕の中で“歴代最多出演の相棒”をひとつの目標としてやってきました」と目に光るものを浮かべながら、ひとつひとつ言葉をかみしめるように挨拶。

 さらに、「水谷さんとたくさんの犯人と向き合い、たくさんの過酷な撮影に取り組み、7年間、無事完走できたことを本当にうれしく思っています」と、水谷に感謝。「来シーズンから新しい相棒、そして新しい世界観が広がる作品を一視聴者として応援していきたいと思います」と、“相棒チーム”に深く一礼した。

 セレモニー中、反町をとなりで見守っていた水谷は、「『season20』は、なんともいえない感慨深いシーズンになりました。毎年7ヵ月間、日々撮影に向かうのはとても過酷。いろいろな気持ちを乗り越えて7年間、相棒として横にいてくれたソリに感謝しています」と、自身の思いを吐露。途中、水谷が声を詰まらせる場面もあり、そんな大先輩の姿に、反町もこみ上げるものが…。

 また、水谷は「人間は岐路に立たされることがあります。『相棒』に残るか、卒業するか…。僕はどちらの道を選んでも俳優として理解できるし、人としてその道を尊重できると思っていました。それはやはりこれだけ長く一緒にやって来たことへの信頼と友情があるからこそです。その思いをこめて、ソリ、本当にありがとう」と、反町の新たな旅立ちに愛情深くエール。最後、2人はまたしてもがっちり握手を交わし、いつまでも名残を惜しんでいた。

 『相棒 season20』最終回スペシャル前篇『冠城亘最後の事件―仇敵』は、テレビ朝日系にて3月16日21時放送。
 
※反町隆史、水谷豊コメント全文は以下の通り

<コメント全文>

◆反町隆史(冠城亘役)コメント

今日は「ついにこの日が来たな」という気持ちで朝を迎えました。水谷さん演じる杉下右京の相棒を7年間務めさせていただきましたが、最初の1年目は無我夢中でした。2年目も夢中でした。3年目、少し慣れてきました。そして4年目、5年目と続く中、みなさんと一緒に長くあり続ける冠城亘でいたいと思うようになり、僕の中で“歴代最多出演の相棒”をひとつの目標として歩んできました。

ひとつひとつが僕の思い出であり、水谷さんとたくさんの犯人と向き合い、たくさんの過酷な撮影に取り組み、7年間、無事完走できたことを本当にうれしく思っています。ただ…今日ほど水谷さんの顔を見られなかった日はありません。

ここまで成長させてくれたスタッフの方々、キャストの方々に御礼申し上げたいと思います。来シーズンからまた新しい相棒とともに新しい世界観を見せてくれるであろう、この作品を一視聴者として応援していきたいと思います。ありがとうございました。

◆水谷豊(杉下右京役)コメント

『season20』ということは、20年です。思えば生まれた子が成人式を迎える年ですから、節目のシリーズであったことは違いありません。その上、『season14』から冠城亘として相棒を務めてくれたソリの最後が重なり、なんともいえない感慨深いシーズンになりました。

7年間というのは長いようで短かったといえばそれですんでしまいますが、毎年7カ月間、日々撮影に向かうということ、これはある意味、楽しいことではあるものの、角度を変えると、とても過酷な7カ月間でもあります。でも、その大変さをみなさんと一緒に乗り切ったとき、ほかの仕事では味わえない、『相棒』だからこそ味わえる充実感が待っている…。だからこそ毎年、『相棒』に挑むことができたのだと思っています。いろいろな気持ちを乗り越えて7年間、相棒として横にいてくれたソリに大変感謝しています。
 
人間は岐路に立たされることがあります。俳優としてもそんな瞬間があります。『相棒』に残るか、卒業するか…。僕はどちらの道を選んでも俳優として理解できるし、人としてその道を尊重できると思っていました。それはやはりこれだけ長く一緒にやって来たソリへの“信頼と友情”があるからこそです。その思いをこめて、ソリ、本当にありがとう。