木村拓哉が主演するドラマ未来への10カウント』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)。木村演じる生きる希望を見失った男・桐沢祥吾が、図らずも高校のボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツ・エンターテインメントドラマだ。そんな本作では、桐沢にボクシング指導を受け、彼と徐々に打ち解けていく部員の面々にもフレッシュながら注目の逸材がそろっている。

【写真】『未来への10カウント』松葉台高校ボクシング部メンバーフォトギャラリー

高橋海人(King & Prince

 木村演じる桐沢がコーチを務めることになる松葉台高校ボクシング部。部員で唯一の3年生にして部長を務める伊庭海斗を演じるのは、アイドルグループ・King & Princeの高橋海人。昨年放送の『ドラゴン桜』(TBS系)第2シリーズに出演するなど、俳優としても実績を積んでいる高橋だが、ジャニーズで初めて少女マンガ家デビューを果たした異才の持ち主でもある。

 そんな高橋が演じる伊庭は、東大合格を狙えるほどの優等生。合格実績を上げたい校長らからは早く受験に専念するよう促されているが、ボクシングへの情熱は人一倍あるという役どころ。第1話では、早くも所属事務所直属の先輩にあたる木村とスパーリングで直接対決するシーンで“競演”し、技術は拙いながらも死にものぐるいで桐沢に向かっていく姿で、ファンの胸を熱くさせた。ちなみに高橋は『ドラゴン桜』でも東大を目指す高校生を演じていた。

山田杏奈

 現在のところ部で唯一の女子部員の水野あかりを演じているのは山田杏奈。現在21歳の山田だが、そのキャリアは10年以上と長い。「ちゃおガール☆2011オーディション」でグランプリを受賞して芸能界入り。映画『ミスミソウ』において映画初主演、ドラマ『幸色のワンルーム』(ABCテレビ)でドラマ初主演を飾った後も女優として着実にキャリアを積み重ね、主演ドラマ『早朝始発の殺風景』(WOWOW)の放送も控えている。

 そんな山田が演じるあかりは、木村演じる桐沢のやり方にときに反発して、食って掛かることもある強気の持ち主。「強くなりたい」という理由で入部したあかりだが、その背景には家庭の事情が。第3話では、入部した理由が母親に復縁を迫って暴力を振るう元継父を撃退するためであったことが判明。袴田吉彦演じる元継父に強烈なボディブローを食らわすシーンが描かれた。

村上虹郎

 ボクシング部員役に名を連ねている村上虹郎は、俳優の村上淳と歌手のUAを両親に持つ芸能界のサラブレッド。2014年に河瀬直美監督の映画『2つ目の窓』で映画初出演にして初主演という鮮烈なデビューを飾ると、以後、数々の作品に出演。前作のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への出演も記憶に新しい。ドラマ『MIU404』(TBS系)での不幸な死を遂げた警官役や、映画『孤狼の血 LEVEL2』での悲しい末路をたどる暴力団の構成員役など、短い出演時間でも唯一無二の存在感を放つ。

 『未来への10カウント』で村上が演じる西条桃介は、大阪からの転校生という役どころで、第3話現在はまだベールに包まれている。公式サイトでは、ボクシング技術はあるものの、「生意気で調子に乗った言動が多く、何かにつけてトラブルメーカーとなる」と説明されており、ボクシング部をかき乱す存在になりそうだ。

■ 佐久本宝

 ボクシング部員の2年生、友部陸を演じているのは佐久本宝。李相日監督の2016年公開の映画『怒り』で1200人のオーディションの中から広瀬すず演じるヒロインの高校の同級生役を射止めると、その演技によって第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近年では、NHK連続手テレビ小説『エール』で主人公・裕一(窪田正孝)の弟・浩二を演じてお茶の間での知名度をぐっと上げた。

 佐久本演じる友部は、親から運動するよう言われてボクシング部に入部した文化系男子。ボクシングに自分が向いてないと自覚しており、サンドバッグを打った際には木村演じる桐沢からも「キツイな…」と厳しい言葉を投げかけられた。佐久本が息を吹き込んだ友部というキャラクターが、これからどう成長していくのか注目だ。

■ 吉柳咲良

 ボクシング部のマネージャー、西山愛を演じるのは吉柳咲良。2016年に「第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン」において歴代最年少となる12歳でグランプリを受賞し、華々しくデビュー。ミュージカル『ピーターパン』の10代目ピーターパン役に抜てきされたほか、大ヒットした新海誠監督のアニメ映画『天気の子』ではヒロインの弟役で参加している。

 そんな吉柳が演じる愛は、大人しめな部員が多いボクシング部の中でもひときわ明るいキャラクターだが、ときおり表情を曇らせる瞬間もあり、何か意味深な雰囲気を漂わせている。

 そのほか、もう1人の2年生部員を演じるのは坂東龍汰。さらに、第1話後に入部した1年生の生徒役では、ロックバンド・インナージャーニーのドラマーとして活動する櫻井海音(バンド活動時はKaito名義)、『ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン』で主役の越前リョーマを演じた阿久津仁愛(あくつ・にちか)、子役から活動歴があり、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)への出演歴もある大朏岳優が名を連ねている。

 また、ライバルとなる強豪・京明高校の選手として、実際にプロボクシングのライセンスを取得した女優の山本千尋も3話から登場している。木村拓哉と演技で相対する生徒役のフレッシュな若手俳優たちが、これからどのような輝きを放つのか、要注目だ。(文:前田祐介)

 木曜ドラマ『未来への10カウント』は、テレビ朝日系にて毎週木曜21時放送。