女優の加藤梨里香と水嶋凜がダブルキャストで主演するミュージカル『シンデレラストーリー』の追加キャストとして、モデルのアンミカの出演が発表された。舞台初出演となるアンミカは、シンデレラを助ける魔法使い役を演じる。

【写真】絶頂期に突然アメリカへ渡った大野拓朗が目指す“ハリウッドスターへの道” 来春からはLAを拠点に

 本作は、ファンタジーとしての「シンデレラ」の物語の大筋は変えることなく、魔法が解けたのにどうしてガラスの靴だけはそのままだったのか、なぜ家事ばかりしていたシンデレラが華麗なダンスを踊れたのか、などリアルに考えたら避けては通れない問題に回答していくミュージカル。

 鴻上尚史が書き下ろし、2003年にシンデレラ役に新人・大塚千弘、王子役に井上芳雄のコンビで初演、その2年後に王子役が浦井健治に引き継がれ再演された。今回は17年ぶりの上演で、演出をウォーリー木下が務める。すでに発表のとおり、シンデレラ役をWキャストで加藤梨里香と水嶋凜が演じるほか、王子役に大野拓朗、入野自由が廷臣・ピエール、彩吹真央が王妃・ガードルートに、吉野圭吾が王に、そして佐藤アツヒロがシンデレラの継母・ベラドンナを演じる。

 魔法使いを演じるアンミカは「お話を頂き、【念願だったミュージカル出演が50歳にして叶う!】と、二つ返事で有難くお受けいたしました!光栄な気持ちと共に、全てが初体験になるため興奮してワクワクしております。50歳の新人ですが、皆さんと素晴らしいミュージカルをお届けできるよう精一杯努めさせて頂きます!そして“シンデレラストーリー”での、新たなアン ミカも楽しみにしていてください」とコメントしている。

 今回発表された追加キャストはこのほか、シンデレラの義姉オードリーおかずクラブのゆいP、同じく義姉ジェシカにまりゑ、ミスターマウチュに川原一馬、ネズミのチュウ太郎にDIAMOND☆DOGSの和田泰右、チュウ1役にHomer、チュウ2役に夏目卓実。

 ミュージカル『シンデレラストーリー』は、東京・日本青年館ホールにて9月6~19日、愛知・東海市芸術劇場大ホールにて9月24・25日、福岡・キャナルシティ劇場にて10月1・2日、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて10月7~10日上演。

※キャスト・スタッフコメント全文は以下の通り

【キャストプロフィール&コメント】
◆シンデレラ(Wキャスト):加藤梨里香

今回ご一緒させていただく皆様を知った時、なんてカラフルなんだろう!ととてもワクワクしましたし、今からお稽古が待ち遠しくて仕方がありません。豪華で力強い製作陣、共演者の皆様と作品創りを出来ることが心から嬉しく、心強く感じています。Wキャストの水嶋凜さんと共に一歩ずつ前進しながら精一杯大切にシンデレラ役を務めます。17年ぶりに蘇る、新たな『シンデレラストーリー』をぜひ楽しみにしていただけたら幸いです!

◆シンデレラ(Wキャスト):水嶋 凜

この舞台に立たせて頂けることが決まった時、初舞台・初ミュージカル・初主演…と、初めての波が一気に押し寄せてきて、そのスピード感に圧倒されていました。
ですが、今の私にとってこの舞台はとても大切で大きなはじめの一歩になるということだけは確信しています。
この舞台を完走できた時に自分がどんな顔をしているのか、そしてその姿を沢山の人に見てもらいたい。そんな気持ちを持って精一杯頑張れたらと思っています。

◆王子・チャールズ:大野拓朗

シンデレラストーリーの王子役は、初演時には井上芳雄さん、再演時には浦井健治さんとミュージカル界のプリンスと呼ばれる憧れの先輩方が名を連ねています。それを聞いただけで背筋が伸びますが、実は同じ役を演じるのは2回目で、その時は力不足でおふたりの背中が遠すぎて悔しい思いをしました。それから10年が経ち、今回は僕らしい王子を演じて、作品に輝きを放つことができたらと思います。

◆義母・ベラドンナ:佐藤アツヒロ

前作で義母・ベラドンナ役を演じられていた池田成志さんとは共演経験があり、当時はとても可愛がってもらっていました。
成志さんがとても面白い方なので、自分が引き継ぐことにプレッシャーも感じています。
なので僕らしい義母・ベラドンナを演じられるように挑みたいと思ってます。
演出家のウォーリーさんとは2度目ということもあり、更なる世界観に染まりたいと思っています。
今回新たな「シンデレラストーリー」を楽しんでいただけたらと思います。

◆廷臣・ピエール:入野自由

この「シンデレラストーリー」は、皆さんの知っているシンデレラとは一味も二味も違います!奇想天外の型破り、観たことのない「新しいシンデレラの世界」が広がっているはずです。まだ、何も始まっていない段階なのでわからないことだらけですが、きっとそうに違いありません!笑。
兎にも角にも、歌い、踊り、そして自由な心で、このミュージカルを皆様と楽しみたいです。劇場でお待ちしています!

◆義姉・オードリー:ゆいP(おかずクラブ)

9年ぶりのミュージカル出演です!
普段は芸人という畑の違う場所で活動しているので不安もありますが、以前出演していたミュージカルのメンバーのまりゑがいるので心強いです!
メインメンバーという事で緊張しますが、素敵な舞台になるよう努めますので楽しみにしていてください!
膝を大事にしながら頑張ります!

◆王妃・ガードルート:彩吹真央

2003年の初演を拝見していたので、明るく楽しいあの舞台に立てることがとても楽しみです!
シンデレラとウォーリー木下さんの世界がどのように溶け合うのか、また個性豊かなキャストが演じる様々なキャラクターがどのように彩られるのか、今からワクワクしています!
大人も子供もお楽しみ頂けるミュージカル「シンデレラストーリー」をぜひ観にいらして下さい!
お待ちしております。

◆王様:吉野圭吾

そう、誰もがご存知のシンデレラ。
お話の中から飛び出して、実写でリアルに、笑いあり涙あり、もちろん毒気ありでお届けしたい。
シンデレラストーリーカンパニー一丸となって、こだわり抜いた最高の傑作を、楽しみにお待ちください。
午前0時を過ぎても、あなたに掛かった魔法が消えないように…。

◆魔法使い:アン ミカ

お話を頂き、【念願だったミュージカル出演が50歳にして叶う!】と、二つ返事で有難くお受けいたしました!
光栄な気持ちと共に、全てが初体験になるため興奮してワクワクしております。
50歳の新人ですが、皆さんと素晴らしいミュージカルをお届けできるよう精一杯努めさせて頂きます!
そして“シンデレラストーリー"での、新たなアン ミカも楽しみにしていてください。

◆作:鴻上尚史

17年ぶりに台本を読み返しました。自分で言うのもなんですが、面白かったです。それも初演の台本より再演の台本があきらかによくなっていました。こうしてミュージカルは育っていくんだなとしみじみしました。今回、ウォーリー木下さんの演出で三度目の上演の機会をいただけて本当に幸せです。さらに内容をアップデートして魅力的なキャストに相応しい2022年版をお届けします。ご期待下さい。

◆演出:ウォーリー木下

憧れの鴻上さん、武部さん、そして斉藤由貴さん(「悲しみよこんにちは」は当時の僕の心のベストテン第1位でした)たちとご一緒できることに感激しています。17年ぶりの上演と言う事ですが、僕は初めての参加なので、先入観なしに、この戯曲、この音楽がどうやったら現代に鳴り響くことができるのかを、楽しみながら作りたいと思います。特に多くの未来の大人と、昔のこどもに届くように。