趣里が主演を務める連続テレビ小説『ブギウギ』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)の第5週「ほんまの家族や」(第24回)が2日に放送され、出産した礼子(蒼井優)がまさかの展開を迎えると、ネット上には「嘘でしょ…」「血の気引いた」といった声が相次いだ。※以下ネタバレを含みます。

ご了承のうえ、お読みください

【写真】明日の『ブギウギ』場面カット ステージに立つスズ子(趣里)

 東京梅丸から演出家の松永(新納慎也)と部長の辛島(安井順平)が視察にやって来る。視察後、スズ子(趣里)と秋山(伊原六花)を呼んだ林部長(橋本じゅん)は、2人に東京に新しくできる梅丸楽劇団に行かないかと告げる。しかし、スズ子は大阪を離れることに少し不安を抱いていた。

 スズ子は親友・タイ子(藤間爽子)を訪れて相談し、心を決めてツヤ(水川あさみ)たち家族に東京に行きたいと切り出す。梅吉(柳葉敏郎)や六郎(黒崎煌代)は喜ぶものの、ツヤは「行かんで…ええんちゃう」「ここにおり」と返答。ツヤこそには喜んで送り出してほしかったスズ子は「前やったら絶対、背中押してくれてた!」と憤りをあらわにする。


 そんなある日、林部長は稽古場に集まったスズ子をはじめとした劇団員たちに対して、出産した大和礼子が亡くなったことを告げるのだった。

 目を潤ませながらぼう然とするスズ子の姿が映し出される中、礼子が梅丸歌劇団を退団後に病気を患っていたことや出産後に病気が悪化したことなども明らかになると視聴者は騒然。ネット上には「え?大和さんが、なぜ?」「嘘でしょ…」などのコメントや「血の気引いた」「絶句…」「しんどい…涙が止まらない」といった投稿が集まっていた。