毎年5月に開催されるファッションの祭典メットガラ。今年のテーマが発表され、ジェニファー・ロペスとゼンデイヤ、バッド・バニー、クリス・ヘムズワースの4人が、アナ・ウィンターとともに共同ホストを務めることがわかった。



【動画】メットガラ2024、今年のテーマを発表

 メットガラは、米ニューヨークのメトロポリタン美術館(通称MET)が毎年5月に開催する、特別展のオープニングイベント。ファッション業界最大のイベントとされ、特別展のテーマに合わせ、ハイファッションに身を包んだセレブが次々登場するレッドカーペットは注目の的。会場となる美術館の階段でフラッシュを浴びた後は、ゲストたちにディナーとステージパフォーマンスが用意されている。

 現地時間2月15日、今年の特別展のテーマが「Sleeping Beauties:Reawakening Fashion(眠れる美への追憶──ファッションがふたたび目覚めるとき)」であることをVogueが発表。ドレスコードは「The Garden of Time(時間の庭)」であることがわかった。

 発表は、VogueのSNSで行われ、ウィンターから共同ホストの4人へ参加を呼び掛けるメッセージ画面を捉えたビデオ映像が合わせて公開された。
ロペスとゼンデイヤ、バッド・バニーはメットガラの常連だが、ヘムズワースは今年が初めての参加。映像の中のやり取りでは、クリスが「誰か、時間の庭の洋服を貸してくれない?」と呼びかけている。

 Varietyによると、「The Garden of Time(時間の庭)」はJ・G・バラードが1962年に書いた同名の短編小説にインスピレーションを得たものだそう。バラードは、スティーブン・スピルバーグ監督の『太陽の帝国』の原作者としても知られる。

 毎年5月の第一月曜日に開催されるメットガラだが、今年は5月6日に行われる。昨年は「カール・ラガーフェルド:美のライン」をテーマに、ラガーフェルドと交流のあったペネロペ・クルス、元男子プロテニス選手のロジャー・フェデラー、デュア・リパ、ミカエラ・コールが共同ホストを務め開催され、ジャレッド・レトがラガーフェルドの愛猫シュペットに扮したことも話題を集めた。
また昨年はリゾが務めたパフォーマーが、例年直前まで発表されないそうだ。