映画監督の山崎貴監督と女優の浜辺美波が12日、都内で行われた『ゴジラ-1.0』アカデミー賞受賞記念記者会見に、VFXディレクターの渋谷紀世子氏、3DCGディレクターの高橋正紀氏(※「高」の正式表記は「はしごだか」)、エフェクトアーティスト/コンポジターの野島達司氏と共に出席。オスカー像を手にした浜辺がその重量に驚いた。



【写真】浜辺美波、オスカー像を手にし重さを実感

 『ゴジラ-1.0』は、1954年に初めて姿を現して以来、日本のみならず世界中を魅了し、衝撃を与え続けてきた「ゴジラ」の生誕70周年記念作品にして、日本で製作された実写版ゴジラの30作品目となる作品。日本時間3月11日に米・ハリウッドで開催された第96回アカデミー賞にて、日本映画史上初となる視覚効果賞に輝いた。

 今後の野望を聞かれた山崎監督は「野望はいっぱいあるんですけど、ここで言ってしまうとちょっと難しいことになりそうなので、あまり言えない」と明言は避けつつ、「日本映画がハリウッドでそれなりの興行成績を挙げられて、ちゃんと賞をもらえたということは、今後の日本映画の作り方が少し変わってくる可能性を秘めているなという風に思いました」とコメント。

 ゴジラ作品での受賞に対する思いを尋ねられると「完全にゴジラのおかげですね。ゴジラというキャラクターが本当に大スターだったということを改めて思い知らされましたし、アメリカの人たちがいかにゴジラを好きかということもすごく思い知らされました」と語った。

 また「視覚効果賞はオスカーの中でも聖域中の聖域」「僕らは夢見ることすら許されていなかった」「考えるのもタブー」とも語り、視覚効果賞が遠い存在であったことを強調。


 世界の他作品と比較し、「まだまだというのは改めて感じました。だから本当にラッキーパンチだと思いますし、いろんな条件も重なって、今回こういう賞をいただきましたけど、“もぎ取りに行く”のはまだまだ色々頑張んなきゃいけないなと、改めてその中枢に近づいたからこそ思うすごさみたいなものはありました」と語っていた。

 その後、本作で大石典子役を演じた浜辺が花束を持ってサプライズ登場。山崎監督は「想像していなかった」と驚き、浜辺は「この映画に少しでも携われたことが幸せですし、またここから劇場にもたくさん人が入っているらしいので、また見に行きたいなと思います」とコメントした。

 山崎監督にオスカー像を手渡された浜辺は、その重量にびっくり。「思っていたよりすっごく重たいですね! 皆さん軽々しく...軽く持っていらっしゃるから」と言いかけた浜辺に、山崎監督は「言葉の使い方がおかしい(笑)」とツッコみ、浜辺も思わず笑っていた。