ドラマ『一流シェフのファミリーレストラン』のシーズン3が、7月17日からディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」で独占配信されることが決定。あわせて予告編も公開された。



【動画】またもや波乱の予感! 『一流シェフのファミリーレストラン』S3予告編

 『一流シェフのファミリーレストラン』は、ニューヨークの一流レストランで働く新進気鋭のシェフだった主人公カーミーを中心に、彼の家族と兄の遺したレストランの一筋縄ではいかないスタッフたちを描く、食、家族、仕事や人生をテーマにしたドラマシリーズ。エミー賞をはじめとした、数々の賞レースで主要部門を受賞し、今最も注目される作品と言っても過言ではない。

 シーズン1は、ニューヨークで活躍していたカーミー(ジェレミー・アレン・ホワイト)が、兄マイケル(ジョン・バーンサル)の突然の死をきっかけに地元シカゴに戻り、彼の遺した借金まみれのサンドイッチ店を引き継ぐところからスタート。カーミーは昔から働いていた我の強いスタッフとぶつかりながらも再建を目指しつつ、家族の問題にももがいた。

 続くシーズン2では、カーミーが兄の遺した店を残すため、サンドイッチ店からレストランへとリニューアルに動き出す。新しいレストランのオープンに向けて、カーミーとぶつかってばかりの幼なじみのリッチー(エボン・モス=バクラック)や、カーミーに憧れる名門料理学校出身のシドニー(アイオウ・エディバリー)たちは、それぞれ成長のため挑戦していった。


 そして待望のシーズン3では、カーミー、シドニー、リッチーらが、ついに新しいレストラン「ザ・ベアー」をオープン。カーミーの目標は、「ザ・ベアー」を一流のレストランにし、星を獲得すること。しかし、私生活を犠牲にしてでも、その目標を達成しようと一心不乱に突き進むカーミーと、行き過ぎた彼の姿勢について行けないスタッフたちが対立し、オープンしたてのキッチンは言い争いが絶えない。

 一切の妥協を許さずクオリティーを極限まで高めようとする“理想”と、売り上げなどの経営的な逃れることのできない“現実”、そのはざまでもがく「ザ・ベアー」のメンバーがどうなるのか? 今回公開された予告編は、波乱の展開を想起させる映像となっている。

 あわせて公開されたファースト・ルックでは、テッド(リッキー・スタフィエリ)が何かを指さしており、その方向に顔を向けるカーミーとニールの姿が。「ザ・ベアー」でまたもやトラブル発生か? と、なおのこと続きが気になってしまう写真となっている。


 なお新シーズンには、カーミー役のジェレミー・アレン・ホワイト、シドニー役のアイオウ・エディバリー、リッチー役のエボン・モス=バクラック、ナタリー役のアビー・エリオット、マーカス役のライオネル・ボイス、ティナ役のライザ・コロン=ザヤス、ニール役のマティ・マシスン、ジミー役のオリヴァー・プラットらおなじみのキャラクターら俳優陣が続投。

 さらに、本作の注目ポイントの1つは、超豪華なゲストキャスト。これまで、カーミーの母親ドナ役に『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジェイミー・リー・カーティス、カーミーが師事したシェフのテリー役には『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したオリヴィア・コールマンといった名優が出演し、そのほか、ボブ・オデンカーク、ウィル・ポールター、サラ・ラモス、サラ・ポールソンらも登場した。シーズン3ではどんなゲストが出演するのか注目だ。

 配信が開始されると、すぐさま人気ドラマの仲間入りを果たした『一流シェフのファミリーレストラン』。批評家からも高い評価を得ており、2024年に開催されたテレビ界の祭典・第75回プライムタイム・エミー賞では、作品賞・主演男優賞をはじめとする最多10冠を達成。
そのほか、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞、クリティクス・チョイス・アワードなど、名だたるアワードで受賞しており、最新シーズンも賞レースを賑わすことになりそうだ。

 ドラマ『一流シェフのファミリーレストラン』シーズン3は、7月17日よりディズニープラス「スター」で独占配信開始。