Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める7月5日スタートのドラマ『ビリオン×スクール』(フジテレビ系/毎週金曜21時)より、追加キャストとして安達祐実市村正親の出演が発表された。

【写真】リアルでも息子を持つ市村正親 イケメン息子の美スタイル

 本作は、日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒とともに成長していく姿を描く学園コメディー。



 私立絵都学園で「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってくる。通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(山田)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だった。

 零は将来的にAIが教師に成り代われると考えており、自身が開発中の“ティーチ”というAI教育プログラム=“AI教師”の研究・開発のために、自らが教師となって絵都学園に潜入する。そんな零が開発した超高精度動的教育用AIプログラムを搭載した“ティーチ”を安達祐実が演じる。


 安達がフジテレビドラマに出演するのは、瑠東東一郎が監督を務めた『うちの弁護士は手がかかる』(2023年10月クール)以来となり、今作で再びタッグを組む。

 市村が扮するのは、零の父で加賀美グループの会長(前社長)である加賀美治(かがみ・おさむ)。有無を言わせない迫力と底なしの体力で加賀美グループを引っ張ってきた剛腕の経営者で、零には幼い頃から厳しく接してきた。零にとっては畏怖の対象だが、治の厳しさは期待や愛情の裏返しでもある。治は誰も知らない零のある秘密に関わっていて…。

 出演にあたり、安達は「学園ドラマのイメージ、AIのイメージを、良い方向で崩していけるドラマになると思います。
お楽しみに!」とメッセージ。市村は「山田涼介くんとは初顔合わせになります。お父さんを演じられるということで非常に楽しみだなぁと思いました。僕たちのパートは親子の話なので、2人の息子を持つ今の僕にはピッタシかな」としている。

 ドラマ『ビリオン×スクール』は、フジテレビ系にて7月5日より毎週金曜21時放送(初回15分拡大)。

※キャストのコメント全文は以下の通り。


<コメント全文>

■安達祐実

――本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

すてきなキャストの皆さん、瑠東(東一郎)監督やスタッフの皆さんとまたご一緒させていただけるということで、とてもうれしかったです。

――放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

学園ドラマのイメージ、AIのイメージを、良い方向で崩していけるドラマになると思います。お楽しみに!

■市村正親

――本作への出演が決まったときの思いをお聞かせください。

山田涼介くんとは初顔合わせになります。
お父さんを演じられるということで非常に楽しみだなぁと思いました。僕たちのパートは親子の話なので、2人の息子を持つ今の僕にはピッタシかな。

――放送を楽しみにしている視聴者やファンの皆さんへメッセージをお願いします。

息子、零の奮闘ぶりをお楽しみください。父親として皆さまと一緒に見守っていきます。