シェイクスピアの「リチャード三世」を鎌倉時代に置き換えるという大胆な設定のもと、いのうえひでのり(劇団☆新感線主宰)演出、青木豪脚本、森田剛V6)主演で贈る『鉈切り丸』。大阪公演での大熱狂を経て、東京公演がいよいよ明日に迫った7日、都内で公開稽古と囲み取材が行われた。

【関連】V6森田剛主演、舞台『鉈切り丸』の囲み取材&公開稽古の様子

 顔に痣、背中にコブ、片足を引きづる不自由な身体に、ずる賢くて饒舌、ピカイチの剣の腕を持ち、天下を獲らんとするミステリアスなダークヒーロー、鉈切り丸(源範頼)を演じる森田。そして今回が初舞台となるヒロイン・巴御前役の成海璃子、いのうえ作品初参戦となる範頼の兄・源頼朝役の生瀬勝久が通し稽古を前に意気込みを語った。

 「大阪で培ってきたものもありますし、完璧な舞台をお見せできると思います」と自信を口にした森田。05年に劇団☆新感線の舞台で初主演を果たした森田は、蜷川幸雄作品にも主演するなど、舞台人としての評価もうなぎ上り。そんな森田でも今回の鉈切り丸は難役のはず。だが、相当な練習の賜物だろう、「今は、普通に立っているのがツライくらいで、猫背の状態のほうが楽だったりするんですよ。ちょうどいい位置も見つけられたので(笑)」と話す。とはいえ、その姿勢で立ち回りもしなければならない。

 「鎧を着ての殺陣なので結構な重さにはなっていると思います」と衣装の大変さは認めつつ、作り上げた鉈切り丸に「身体は疲れていても、どこかスッキリしている自分がいるので、すごく楽しくやれています!」と充実の笑みを見せた。