映画『マリー・アントワネット』や『スパイダーマン』のヒロイン役でお馴染みの女優キルステン・ダンストと、『トロン:レガシー』で知られる俳優ギャレット・ヘドランドが破局したようだ。『オン・ザ・ロード』で共演した2人は、4年間に渡る交際の末に終止符を打ったと海外メディア「US Weekly」などが報じている。


【関連】「キルステン・ダンスト」フォトギャラリー

 キルステンとギャレットはロサンゼルス内で同棲しており、婚約間近と思われていたことから、今回の破局は衝撃を呼んだ。つい先日にはキルステンがインタビュー内で「私は結婚をしたいタイプだからね」「30代中盤から後半にかけてそれが実現するならこじんまりしたものが良いわ。家族と友人と一緒に郡庁舎、ディナーパーティー、DJってとこね。私の40歳の誕生日かのような扱いになるでしょうね」と話していたほか、子供が欲しいかと尋ねられると「2人は間違いなく欲しいわ」と家族計画についてまで具体的に明かしていたという。

 また、過去にロックバンド「レイザーライト」のジョニー・ボレルや俳優ジェイク・ギレンホールと交際したキルステンは、ギャレットとは過去の交際よりも健全だと語っており、結婚に向かって順調に進んでいるように思われていた。