2014年に女優ジェニファー・ローレンスやモデル・女優ケイト・アプトン、女優キルステン・ダンストなどのEメールなどに違法アクセスし、ヌード写真を流出させたとされるハッカーの男性に18ヵ月の実刑判決が下りたという。VarietyやThe Washington Timesなどの海外メディアが伝えた。


【関連】「ジェニファー・ローレンス」フォトギャラリー

 36歳のライアン・コリンズは2012年11月から2014年9月までの間に、少なくとも50のiCloudアカウントと72のGメールアカウントにハッキング。その中にジェニファーやキルステンなどの数名の女性セレブのアカウントがあり、ジェニファーらのヌード写真が流出する騒ぎとなった。FBIが捜査を始めると、海外メディアはこの騒動を「Celebgate(セレブゲート事件)」と称した。

 当局はハッキングの事実を掴んでいたが、コリンズがジェニファーらの個人的な写真をインターネット上に流出させた直接の証拠は見つからなかったという。コリンズは去る3月にハッキングした事実を認めて有罪を認めていた。