映画『ドラゴンボール』、 TVアニメ“ドラゴンボール超”の続き描く 鳥山明も自信

映画『ドラゴンボール』、 TVアニメ“ドラゴンボール超”の続き描く 鳥山明も自信
映画『ドラゴンボール』、タイトルは“ドラゴンボール超” TVアニメの続き描く(C)バードスタジオ/集英社(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
 劇場版『ドラゴンボール』20作品目のタイトルが『ドラゴンボール超』(仮)に決定。さらに、原作者・鳥山明からコメントが到着し、その内容からテレビアニメ『ドラゴンボール超』の次のエピソードになることが判明した。

【写真】『ドラゴンボールZ 復活の「F」』フォトギャラリー

 『ドラゴンボール』は、1984年に「週刊少年ジャンプ」にて連載開始し、コミックスの累計発行部数は全世界2億4000万部と、国内外問わずの人気を誇る。劇場版シリーズは、1986年から始まり、2013年に17年ぶりに公開となった『ドラゴンボールZ 神と神』以降、2015年公開の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』と、『ドラゴンボール』は更なる世界観の拡大を続け、放送中のTVアニメ『ドラゴンボール超』に至っている。

 そして、劇場版『ドラゴンボール』の記念すべき20作品目となる新作映画の製作が、昨年12月に発表され話題となったが、ついにそのティザービジュアルとメインスタッフが解禁。監督として手がけるのは、現在の『ドラゴンボール超』でシリーズディレクターを担当中の長峯達也。そして、作画監督に大抜擢されたのは新進気鋭の新谷直大。解禁となったビジュアルで描かれている孫悟空は、オーディションで精選され、作画監督として立つのは本作が初となる新谷が、幾度となく鳥山とのやりとりを行い、本作用として描き下ろされたもの。新たな展開を予感させる白い背景のビジュアルは、キャッチコピーの通りいよいよここから「超」劇場版が始まることを意味している。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画『ドラゴンボール』、 TVアニメ“ドラゴンボール超”の続き描く 鳥山明も自信」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ドラゴンボール超は駄作

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「ドラゴンボール」に関する記事

「ドラゴンボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドラゴンボール」の記事

次に読みたい「ドラゴンボール」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月13日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. ドラゴンボール 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。