「2010年代のファッション」でメーガン妃はワースト、キャサリン妃はベスト入り

「2010年代のファッション」でメーガン妃はワースト、キャサリン妃はベスト入り
(左から)キャサリン妃&メーガン妃(C)Zeta Image、(C)AFLO
 オンライン・ファッションセール検索サイト「Love the Sales」が、イギリス人女性を対象に2010年代のファッションを振り返るアンケートを実施。英王室のキャサリン妃がベスト入りしたのに対し、メーガン妃はワースト入りするという対照的な結果となった。

【写真】「2010年代のファッション」ワーストの一部をご紹介

 Mail Onlineによると、800万人のイギリス人女性を対象に、アンケート調査は過去10年のファッションチョイスに影響を与えたセレブを回答する形式だったという。

 「2010年代のファッションアイコン」でトップに選ばれたのは、英司会者のホリー・ウィロビー。5人に1人が彼女を1位に選んだという。ホリーは「2010年代の見事なファッション」でも、2019年のプライド・オブ・ブリティッシュ・アワードで着用した赤いドレスで2位に就いている。

 続く2位はキャサリン妃だ。10人に約1人がキャサリン妃のファッションセンスの良さを認めているという。キャサリン妃はウィリアム王子との結婚式で着用したアレキサンダー・マックイーンのウェディングドレスが大きな支持を集め、「2010年代の見事なファッション」ではトップの座に就いた。

 一方、メーガン妃はファッション系のオンライン検索エンジン「Lyst」で、2019年の「最も影響力のあるドレッサー」の1位に選ばれたものの、「Love the Sales」では「2010年代の失敗ファッション」で5位にランクインした。ヘンリー王子との婚約発表時のファッションで、特に足元が“失敗した”という印象をイギリス人女性に残していたようだ。メーガン妃はアクアズーラのスエードのパンプスを履いていたが、当時もすぐにネットなどで足の大きさに合っていないパンプスを履いている理由が憶測された。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月29日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。