ジャスティン・ビーバーは13歳で大麻を初体験 赤裸々告白

記事まとめ

  • ジャスティン・ビーバーがドラッグ体験を赤裸々告白。
  • 12−13歳で初めて大麻を吸ったことを明かした。
  • 「やめることにしたのは、死にかけていたから」と述べた。

ジャスティン・ビーバー、13歳で大麻を初体験 ドラッグ乱用過去を赤裸々告白

ジャスティン・ビーバー、13歳で大麻を初体験 ドラッグ乱用過去を赤裸々告白
ドラッグ乱用の過去を赤裸々告白したジャスティン・ビーバー クランクイン!
 YouTubeのオリジナル・ドキュメンタリー番組『Justin Bieber:Seasons』が話題になっている歌手のジャスティン・ビーバーが、番組の中で自身のドラッグ体験を赤裸々告白。ジャスティンは12~13歳で初めて大麻を吸ったことを明かした。Us WeeklyやPage Sixなどの海外メディアが報じた。

【写真】デビュー当時から現在まで「ジャスティン・ビーバー」フォトギャラリー

 自身の人生の闇の時期を語ったジャスティン。「大麻を吸いたいという欲求が始まったのはその頃だ。大麻をしばらく吸っていた。それから依存するようになって、やめなきゃいけないと気づいた。(大麻を)悪いとは思わないけど、僕にとっては依存しやすいものだった」と語り、YouTubeに投稿した自身のパフォーマンス動画がきっかけで、マネージャーのスクーター・ブラウンに見いだされた13歳頃にはドラッグの経験があったことを明かした。

 しかし、プロデビューして成功し、常に注目を浴びる状況だったジャスティンは、逃避手段として“リーン”と呼ばれるコデイン含有の咳止めシロップとソーダを割った飲み物や、“モリー”と呼ばれるMDMA、錠剤などを乱用するようになったという。

 「やめることにしたのは、死にかけていたからだ」とジャスティン。「警護チームが夜中に僕の部屋に来て、僕の脈をチェックしていたくらいだ。世間の人の想像以上に深刻になっていた。本当にヤバかったんだ。朝、目覚めたらまず薬を飲んで、ブラント(タバコを抜いた葉巻に大麻を入れて吸うドラッグ)を吸って一日を始めるが日課だった。本当にゾッとする状況になった」と当時を振り返っている。

 現在は“回復”の過程にあるというジャスティン。今は自身の健康と妻ヘイリーとの結婚生活に集中しているという。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ジャスティン・ビーバー、13歳で大麻を初体験 ドラッグ乱用過去を赤裸々告白」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    年がら年中トラブルの絶えないガキで有名。女癖も悪いし。

    1
  • 匿名さん 通報

    杉田水脈のヤンキーウヨク時代の写真が出てきたね。キモチワルイ。頭おかしい。

    0
この記事にコメントする

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャスティン・ビーバー + 曲」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「リアーナ」のニュース

次に読みたい関連記事「リアーナ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。