眞栄田郷敦、『私の家政夫ナギサさん』で多部未華子の後輩新入社員に

眞栄田郷敦、『私の家政夫ナギサさん』で多部未華子の後輩新入社員に
火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』瀬川遙人役の眞栄田郷敦(C)TBS
 女優の多部未華子が主演を務め、俳優の大森南朋瀬戸康史が共演する4月スタートのドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22時)に、俳優の眞栄田郷敦が出演することが決まった。主人公・メイ(多部)が働く製薬会社の新入社員役で、多部とは初共演。

【写真】「眞栄田郷敦」フォトギャラリー

 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の四ツ原フリコによるコミック『家政夫のナギサさん』を実写ドラマ化。多部がキャリアウーマンの主人公・相原メイ役、大森がエプロン姿で家事をするおじさんでスーパー家政夫・鴫野ナギサ役、瀬戸がメイの仕事のライバルとなる田所優太役をそれぞれ演じる。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。

 相原メイ(多部)は、製薬会社の医療情報担当者(MR)としてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(大森)が突然現れる。その正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫。最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく―。

 眞栄田が演じるのは、メイの勤務先「天保山製薬」横浜支店にやってくる入社1年目の社員・瀬川遙人。原作にはないドラマオリジナルのキャラクターとなる遙人は、効率主義で保守的なイマドキの若者で、メイからは「スーパー新人類」と煙たがられる。しかし、性格は子犬のように素直で人懐っこく根は真面目なため、社内でもかわいがられるようになっていく。そしてメイとの関係にも徐々に変化があらわれるように…!?

あわせて読みたい

眞栄田郷敦のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。