『チャーリーズ・エンジェル』ドリュー・バリモア、ルーシー・リューとビル・マーレイの確執を振り返る

『チャーリーズ・エンジェル』ドリュー・バリモア、ルーシー・リューとビル・マーレイの確執を振り返る
拡大する(全1枚)

2000年に公開された映画『チャーリーズ・エンジェル』の撮影中に起こったとされる、ルーシー・リュービル・マーレイの軋轢について、20年以上の時を経て、ドリュー・バリモアが沈黙を破った。

【写真】チャーリーズ・エンジェル、16年ぶりの再集結にファン胸熱フォトギャラリー

この軋轢とは、『チャーリーズ・エンジェル』第一弾の撮影現場にて、エンジェルの1人アレックス役のルーシーと、ボスレー役のビル・マーレイとの間に口論があったというもの。

二人の軋轢については公開当時から報道されていたが、今年7月、20年の時を経て、ルーシー自身が米Los Angels Timesのポッドキャスト『Asian Enough(原題)』に出演し、この件に言及。Page Sixによると、詳細は明かさなかったものの、ビルから「弁解の余地なく受け入れがたい言葉」を投げかけられ、自分のために立ち上がったと明かしていた。



NewYorkPostによると、この度、『チャーリーズ・エンジェル』でルーシーとともに、エンジェルとして出演したドリュー・バリモアが、自身のポッドキャスト『The Drew Barrymore Show(原題)』の中で、この件について初めて口を開いたという。

ドリューは、「現場で何があったかと言うと…コメディアンは時にダークにもなるでしょう、その日は機嫌が悪かったの」と状況を説明。

「明らかにすべきは、あの時ルーシーが自分のために立ち上がったこと。あの状況でそんな態度を取ったことは素晴らしい事よ」。「彼女は文字通り、『あなたから悪態を受けるいわれはない』と言ったの。私たちは皆彼女の味方だった」と告白した。

彼女はまた、当時も今もルーシーをサポートしていると語り、動画を作成して、彼女をバックアップするために送ったそう。しかし、ルーシーに、必要ないわと言われたと話している。ルーシーは7月のインタビューでも、ビルとの間にわだかまりはないと話しており、すでに乗り越えたようだ。ちなみにビルは、第2弾の『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』には出演しておらず、代わりにバーニー・マックがボスレー役を演じた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドリュー・バリモアのプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ドリュー・バリモア」に関する記事

「ドリュー・バリモア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドリュー・バリモア」の記事

次に読みたい「ドリュー・バリモア」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク