株式会社TOKIO・城島茂社長、初の公式プレゼン! 立ち上げ半年「すべてが違う目線」

株式会社TOKIO・城島茂社長、初の公式プレゼン! 立ち上げ半年「すべてが違う目線」
拡大する(全1枚)

城島茂が29日、都内で開催された「株式会社丸亀製麺×株式会社TOKIOうどんで日本を元気にプロジェクト第三弾キッチンカー企画合同記者発表会」に登壇。株式会社TOKIO社長として、公の場での初プレゼンに挑み、会社を立ち上げての半年を振り返った。

【写真】初の公式プレゼンに緊張気味な面持ちの城島茂社長

4月に「日本を元気にしたい」という思いで共鳴し、共創型パートナーシップを締結した丸亀製麺とTOKIO。半年間のプロジェクトを経ての思いをプレゼンすることになった城島は「公の場所でプレゼンするのが、生まれて初めての経験。ひとつお手柔らかにお願いします」とはにかみながらあいさつし、「『うどんで日本を元気にする』『みんなに笑顔を取り戻す』という2つのキーワードが、株式会社TOKIOと理念が通じ、心に響きました。パートナーとして笑顔と元気を届けられるお手伝いができることに感謝してます」と無事にプレゼンを完了。司会からプレゼンを称賛されると、モニターのスイッチを手に取り、「これを押すと画面が切り替わって。最初ちょっと焦りました」と照れ笑いを浮かべていた。



イベントでは、これまで第1弾の国分太一と“うどん食育”をテーマにした『子どもうどん弁当』開発、第2弾の松岡昌宏と“トッピング”開発をテーマにした『トマたまカレーうどん』の開発など、これまでの共創プロジェクトの軌跡や成果も発表に。ともに反響があったそうで、城島は「この半年、2人はずっと会議に参加して、いろんな意見を出して、それを持ち帰って、それをブラッシュアップしてきたのを見てきました」と優しい表情で明かし、成功を経て「自信になったし、次につながるのでは」と期待を寄せた。

丸亀製麺から感謝状が贈られると、城島は「うちの会社に飾りたいと思います。これからも頑張りたい」とニッコリ。またこの半年を、「1から作り上げるのはタレント業務ではなかなかないこと。初めて尽くしで本当に勉強になりました。会社を立ち上げること、経営について、すべてを違う目線でやらせていただいていて、一生振り返っても思い出に残る半年だったと思います。これからも続けていけたら」と感慨深い様子で明かした。

今回第3弾として、城島と「うどんで日本に元気を届けるキッチンカー」プロジェクトが始動することに。キッチンカーの意図について、城島は「いろんな所に直接元気を届けたいと思って」と打ち明け、「国分、松岡副社長が結果を出しているので」と意欲。キッチンカーのデザインにも参加したそうで、「ぬくもりが欲しいなと思い、角材で作りました。番組でキッチンカーを使っていますが、レベルが全然違う。店舗と変わらない仕上がりで驚きました」とコメント。実際にキッチンカーで作ったうどんを食べ、「めちゃめちゃおいしいですね」と感動しきりだった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク