『最愛』最大のキーパーソン“大輝”松下洸平が視聴者を魅了する理由

『最愛』最大のキーパーソン“大輝”松下洸平が視聴者を魅了する理由
拡大する(全1枚)

 17日放送の最終回を目前にかつてないほどの盛り上がりを見せるドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)。このドラマのキーパーソンとして主役と並ぶ存在感を放っているのが、松下洸平ふんする刑事の宮崎大輝だ。ここでは劇中の名シーンやネット上の考察なども交えながら、大輝というキャラが視聴者を魅了するポイントを深掘りしていこう。

【写真】不器用で一途な大輝の表情がたまらない! 『最愛』松下洸平場面写真

■“梨央”吉高由里子と織りなす15年越しのラブストーリー

 2006年の岐阜・白川郷と2021年の東京を舞台に、過去の失踪事件が現在の殺人事件へと繋がっていく様をサスペンスフルに描く本作。過去と現在を行き来しながら描かれていく事件の真相と同様に、視聴者からの高い関心を集めているのが、吉高由里子演じるヒロインの梨央と大輝の恋愛模様だ。

 第1話は2006年の白川郷に焦点を当て、高校生の梨央と大学生の大輝による淡い恋が描かれるという展開。大学院生失踪事件の直後に父・達雄(光石研)を亡くした梨央に、大輝はストレートに「好きやよ」と告白。しかし会社を経営する母・梓(薬師丸ひろ子)の元に引き取られることになった梨央は、大輝からの告白への返事をしないまま上京。そのまま2人は音信不通になってしまう。

 そこから15年後。とある殺人事件の重要参考人と事件を追う刑事として再会した梨央と大輝。あるときは重要参考人と刑事、そしてまたあるときは“同郷の友人”として逢瀬を重ねる2人。第3話で大輝は音信不通だった15年間について「ずっとどうしとるんか…気になっとった」と打ち明け、さらに第8話では大輝の「先のこと考えたい相手は他におらんで!」という言葉に、梨央も「私もおらん」と返答。直後に2人が手をつないで歩き出す姿も描かれた。

 15年前の実らなかった恋、立場を変えた再会、簡単に近づいてはいけない関係性。“やけぼっくい”待ったなしの状況下で故郷の言葉を交えて展開する梨央と大輝のラブストーリーは視聴者の胸をときめかせる。

 大輝を演じる松下は2019年NHK朝ドラ『スカーレット』、2020年『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)でそれぞれ戸田恵梨香、波瑠が演じたヒロインの相手役を好演。朴訥とした存在感や清潔感あふれる佇まいを活かして、恋のお相手を演じてきた松下が、ヒロイン役の吉高と共に15年越しのラブストーリーにどんな決着をつけてくれるのか見逃せない。

■“初恋の相手”から“疑惑の男”へと転じる意外性

 これまで刑事という立場を超えて、梨央や弟の優(高橋文哉)のピンチを救ってきた大輝。梨央にとっての初恋の相手でもある大輝は、立場を顧みない献身的な言動で“梨央への愛”を伝え続けてきた。エピソードを重ねるごとに距離が縮まっていく梨央と大輝の姿に視聴者の間でもハッピーエンドを期待する熱が高まり、ネット上にも「大ちゃんと梨央は絶対に2人で幸せになってくれ…」「大ちゃんと梨央はよ結婚して」などの願いが次々と書き込まれる事態に。

 しかし、10日放送の第9話ラストシーンから状況は一転。大輝は大学時代の後輩で刑事の藤井(岡山天音)から「15年前、あの台風の夜。本当は事件の現場におりましたよね?」と疑惑の目を向けられる。“15年前、あの台風の夜”とは、このドラマを巡るミステリーの発端となった大学院生失踪事件が発生した日のこと(大学院生はのちに殺害され死体が遺棄されていたことが判明)。

 第5話でこの事件の詳細が描かれ、梨央を暴行した大学院生と優が揉み合いになり、その拍子に大学院生が死亡したことや、その遺体を達雄が遺棄したことが明らかになっている。この第5話の放送直後から、ネット上には達雄を手助けした共犯者の存在を指摘する声が続々と寄せられることに。視聴者の間ではその共犯の候補として藤井や別れた妻・梓の名前が挙がっていた。

 事件発生当時、大輝は姉の結婚式に出席するために現場にいなかったはず。藤井から疑惑の目を向けられた大輝は、これまでの穏やかな雰囲気から一変し、険しい表情に。ヒロインの初恋の人から“疑惑の男”へと転じてしまった大輝。第1話から積み上げられてきたイメージを、最終回目前で大胆に裏切ってみせる大輝というキャラクターの振れ幅の広さに、多くの視聴者が惹きつけられている。

■徹底した役作りに裏打ちされた絶妙なリアリティ

 このドラマで視聴者を驚かせたのが、15年前の梨央と大輝を吉高と松下が演じたこと。特に大輝は大学陸上部で好成績を残すエース選手という設定。大輝役の松下は、青山学院大学陸上競技部監督の原晋の指導を仰いで陸上を猛特訓。青山学院大学を箱根駅伝4連覇に導いた原の元でトレーニングを積んだ松下は、劇中でもたびたび華麗な走りを披露している。

 また大輝の魅力を語る上で欠かせないのが第1話の“好きやよ”でも話題となった方言だ。相手を気遣うような柔らかなイントネーションと語尾の可愛さが特徴の岐阜の方言は、演じる松下の穏やかな雰囲気とも絶妙にマッチして、視聴者の心を鷲掴み。

 東京都出身の松下は『スカーレット』で関西弁にも挑戦。劇中では兵庫県出身の戸田と見事な関西弁の掛け合いを演じていた。『スカーレット』で見せた方言との相性の良さが、『最愛』でもいかんなく発揮されている。松下の役作りが身のこなしや話し方の細部にも行き渡っているからこそ、画面の中の大輝に確かな説得力とリアリティが備わっている。

 最終回でこれまで以上の注目を集めることは間違いない松下。彼が演じる大輝がどんな結末を迎えるのか、最後まで心して見届けたい。(文:スズキヒロシ)

 金曜ドラマ『最愛』最終回は、TBS系にて17日22時放送。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

梨央のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「梨央」に関する記事

「梨央」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「梨央」の記事

次に読みたい「梨央」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク