尾上寛之が怪演! 『元彼の遺言状』視聴者が「期待を裏切らない」と湧いたワケ
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 5月16日に放送されたフジテレビ月9ドラマ『元彼の遺言状』第6話。主人公の弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)と、作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉洋)が、時にぶつかり合いながらも事件を解決に導いていくストーリーが好評を博している「痛快リーガルミステリードラマ」だ。第6話では、“事件の黒幕”として登場した俳優の演技も視聴者から人気となっていた。

 第6話は、ホストクラブ『戦国』のナンバー2ホスト・森蘭丸(味方良介)がナンバー1ホストの織田信長(土井一海)を教会の仮眠室で刺殺するという場面から始まるという、『刑事コロンボ』的な展開を見せた。「私に嘘はつかないこと」を条件に蘭丸の弁護を受けた麗子だったが、当の蘭丸はその場しのぎの嘘を重ねて「やっていない」の一点張り。視聴者としては最初から犯人がわかっているため、言い訳を続ける蘭丸の情けない様子がはっきりと伝わってくる。

 しかし、麗子と篠田は地道に捜査し、蘭丸に犯行を認めさせ、逮捕されたところから物語は急展開を迎える。信長を殺したのは確かに彼を恨んだ蘭丸ではあったが、事件の舞台となった教会の神父・木下雄一郎(尾上寛之)による誘導があったことが判明するのだ。木下は7年前、持病の発作が起きた息子を病院に運ぼうとしたところ、渋滞によって間に合わず、息子を亡くした過去があった。そして信長と蘭丸が過去に起こした暴行事件がその渋滞の原因だったことを知り、信長に怒りを抱いていた蘭丸に目を付け、蘭丸に信長を殺させるという形で復讐を果たしたのだった。