ワンオク・Takaだけじゃない! ライブ客に「声出し」煽り批判されたアーティスト
拡大する(全1枚)
写真ACより

 ONE OK ROCK(以下、ワンオク)のボーカル・Takaが、6月23日にインスタグラムのライブ配信を実施。コロナ禍の感染予防対策として“声出し禁止”のルールが設けられているフェス出演時に、観客を「煽る」と予告し、ネット上で物議を醸した。

 ワンオクは今夏、 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』(千葉)、『SUMMER SONIC 2022』(千葉・大阪)、『1CHANCE FESTIVAL 2022』(熊本)に出演予定。

 『ROCK IN JAPAN』は、公式サイト上で「新型コロナウイルス感染症対策」として「会場内外における大声での発声や会話は禁止です。また、コールアンドレスポンスや周囲との接触行為につながる演出も制限します」(原文ママ、以下同)などとアナウンス。『1CHANCE FESTIVAL』の公式サイトにも、「飛沫感染防止の為、大声での会話・声援を禁止と致します」といった記載がある。『SUMMER SONIC』は、6月29日時点で「新型コロナウィルス感染対策ガイドラインも改めて別途ご案内させていただきます」としており、今後、なんらかの呼びかけがあるようだ。

「そんな中、Takaは23日のインスタライブで、3つのフェスに参加することに触れ、観客が声を出せないことなどへの不満を吐露。そして、自身が19日に生観戦したキックボクシング大会『THE MATCH 2022』では、観客の声援が『心から湧き出ちゃってる』状況だったと説明しつつ、『(声出し禁止のフェスでも)そういうライブをすればいいんでしょ?』『(観客の声が)心から出ちゃえば、それは誰の責任でもないよね』『とにかく、俺は煽るよ』と宣言しました」(芸能ライター)