原料高で利益大幅減 値上げ交渉に悩む菓子メーカー

 日頃コンビニで手にする菓子の内容量が、昔より減っていることをご存知だろうか。たとえば江崎グリコの「ポッキー」は、昨年10月以降、内容量が従来の一箱当たり80グラムから72グラムへと減った。本数に直すと、ポッキー2本分ほどだ。

 その理由は、原料高による製造コストの大幅アップである。ポッキーを例にとれば、昨年後半から、主原料となる小麦、粉乳、食物油脂、カカオ豆などが軒並み高騰している。そのため同社は、減量による「実質値上げ」を行ない、コストカットをしているのだ。

 これまで業界では、増量や安売りによる熾烈な「薄利多売競争」が行なわれてきた。昨今の原料価格高騰は、競争で疲弊した菓子業界にさらに打撃を与えているのだ。

 とはいえ、菓子の値上げは容易ではない。若年層が主力購買層の菓子は単価が低く、10円値上げしただけでもお客は強い抵抗を感じるため、安易な価格の「棒上げ」は命取りとなる。そのため各社は、価格を据え置いて内容量を減らす代わりに、商品に付加価値を付けてお客にアピールする作戦を取ってきた。グリコは、パッケージをリニューアルして色や文字を見やすくしたり、袋も開けやすくするなど、工夫に余念がない。

 しかし、メーカーが値上げに難航してきた大きな理由は、他にもある。「他業界のメーカーと比べて流通過程への発言力が弱い」(食品業界に詳しいアナリスト)のだ。菓子メーカーは卸売業者や小売店に多くのインセンティブ(奨励金)を支払って、商品を大量にさばいてもらっている。大手は数年前からオープン価格を導入して、不明瞭なインセンティブの廃止・削減に取り組んできたが、各社とも特売の「原資」となる販売促進費までは、なかなか合理化できない。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年6月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。