TXP Medicalによる救急DXへの取り組み
医療AI技術の開発や医療データプラットフォームの構築、データ解析などを進める医療系スタートアップのTXP Medical株式会社(以下、TXP Medical)は29日、浜松市と共同で推進している、救急DXの取り組みについて発表した。

発表によると、TXP Medicalと浜松市は、2024年3月29日に、救急搬送支援システム「NSER mobile」を用いた救急搬送の第1回実証実験を実施、その結果などを踏まえ、第2回の実証実験を2024年7月5日に行う予定であるという。


その後も実証実験を行い、全3回のデータを収集した上で、システムの有効性など、本格導入に向けた検討が開始される見通しであることも明らかにされた。

より実践的な内容へテストも進展
すでに実施された第1回の実証実験では、浜松市消防局と関係医療機関、浜松市スタートアップ推進課らが参加し、リハーサルと当日の2日間でテストが行われた。

まずは実搬送ではなく、市で想定される搬送シナリオを用意し、従来の救急運用による対応と、「NSER mobile」を用いた場合の対応を比較、時間計測やアンケートなどを行い、システムの有益さや課題点などの洗い出しを進めたとされる。

搬送シナリオは、浜松市の実情を考慮し、脳卒中、大腿骨頸部骨折、交通外傷の3種類とし、計4セット、約3時間で実験したことが報告された。

7月5日に予定される第2回では、第1回で明らかとなった課題点を改善し、シナリオも新しくして実験を行う。より救急現場としてのリアリティを高め、受入要請が複数回にわたる事案と、医療機関側との交渉を含むシナリオも追加し、テストしていくという。


さらにデジタル事後検証を目標とし、119番通報に対応する指令管制の指令台システムと連携した消防局の事務基幹システムであるOAシステムとの連携検証も行う予定となっている。

3回目の詳細内容は明らかにされていないが、2024年9月中にも実施予定という。

TXP Medicalは、全国の大学病院や中核病院・救急隊に対し、現場のデジタル化とプロセス合理化を実現する、救急向けの医療フロントシステム「NEXT Stage」シリーズなどを展開する企業。

現役の救急医・集中治療専門医が立ち上げた、次世代医療インフラ構築を目指すベンチャーで、病院向けの臨床研究用医療データ整備サービスや解析環境構築サービス、検査値データ・カルテテキスト・DPCデータなど多様な情報の病院内統合・利活用支援サービスも手がけている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む