bit

ギャオの名物P・ズラサンが番組に出演するワケ

ギャオの名物P・ズラサンが番組に出演するワケ
コンテンツ制作会社、電子公園の代表取締役で、ギャオ・バラエティのプロデューサー、そしてタレント(?)の神戸敏行氏。愛称「ズラサン」
チャットによる視聴者参加型トーク番組「ギャオ・ジョッキー」で、お笑い芸人やタレントといっしょに「ズラサン」と呼ばれるおじさんがときどき出演している。実は、彼はギャオ・バラエティのプロデューサーでありながらタレントと共演し、多くの視聴者に愛されている存在なのだ。「ズラサン」とはいったい何者なのか、どうして番組に登場するのか、本人にきいた。

彼の本名は、神戸敏行(こうと・としゆき)、年齢50歳。インターネットコンテンツの企画・制作・運営を行う株式会社電子公園の代表取締役でもある。同社はギャオ・バラエティの制作をメインに、アニメ・キャラクターグッズや犬猫の洋服などのショッピングサイト運営、そして、携帯電話向けコンテンツの制作まで手がけている。

神戸氏はその風貌やよどみないトークの印象から何十年というキャリアを持った「芸能の業界人」と思われがちだというが、実際はそうではない。「私が芸能の世界を知るようになったのはUSENが光インターネット事業・ゲート01をスタートさせた2000年から。電子公園はその中のバラエティコンテンツを制作するために設立されたわけです。それまでは新日本製鐵で営業マンをしていました」という。サラリーマン人生から心機一転、ゼロから番組制作という第2の人生に踏み出したわけだ。

2005年から無料動画サイトのギャオが、翌年にギャオ・ジョッキーが始まった。神戸氏が最初に出演したのは、夏目ナナの冠番組・ギャオ・ジョッキー...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年11月11日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース