bit

猫の抜け毛でつくる「猫毛フェルト」の本が出た

猫の抜け毛でつくる「猫毛フェルト」の本が出た
『猫毛フェルトの本』(蔦谷香理/飛鳥新社 税込み1100円)。
以前のコネタで「猫の抜け毛で作る指人形」を紹介したが、これがついに書籍化された。その名も『猫毛フェルトの本』(飛鳥新社)。

早速読んでみたのだが、本書では「猫の抜け毛で作ったフェルト」は「猫毛フェルト」と命名され(ねこけ、と読むそう)、指人形の作り方はもちろんのこと、土台の布に猫毛をフェルティングニードルで刺しつける手法を使った、より少ない毛で作れる雑貨のレシピも紹介されている。ブックカバーや手袋など、小物のアクセントに「猫毛でつけた猫模様」が、なんとも愛らしい。

そしてこの本で注目すべきは、ハンドクラフト本でありながらペット本でもあるということ。抜け毛を提供した猫たちは愛情たっぷりに紹介されているし、ブラッシングで抜ける毛量の月別変化や毛質のこと、猫アレルギーのある人に作品を見せる時の心得などなど、コラムも充実。巻末にはブラッシング用品の紹介まで掲載されている。著者の猫への愛を感じる1冊だ。

著者の蔦谷香理さんは、物心ついた頃から猫が傍らにいて、猫にまつわる文章、写真、ハンドクラフトなどの作品を制作、発表するようになったのだそう。最近は猫毛のワークショップも開催しているとのことで、話を聞いてみた。

「私が猫毛フェルトを作りはじめたきっかけは、飼い猫のブラッシングをしていてあまりにも毛が取れるからだったのですが、ワークショップにお越しいただいた方も、やはり猫が好きで、ご自分も飼っておいでの方が大半でした。ですので、こちらでも材料の猫毛を用意していたのですが、ご自分の愛猫さんの毛をお持ちになって使われた方が多かったです。30代を中心に、20代から40代、最年長で70代の方にも楽しんでいただきました」

あわせて読みたい

  • 「靴下猫」の靴下がみ~んな白い理由

    「靴下猫」の靴下がみ~んな白い理由

  • 招き猫の世界に招かれてみた

    招き猫の世界に招かれてみた

  • コネタの記事をもっと見る 2009年3月4日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら