bit

ネット入りと袋入り野菜の違いって?

ネット入りと袋入り野菜の違いって?
野菜の種類ごとに、使い分けされてるんです。
ネットや透明の袋に入って売られてる、スーパーの野菜。
タマネギは赤やオレンジ色のネットに、ニンニクは白のネットに、オクラは緑のネットに。そして、ジャガイモやピーマンは袋に入ってることが多い。

ネット派の野菜と袋派の野菜って、どんな違いで分けられてるんだろう。
もっと言えば、同じタマネギでも、ネットに入ってるものと、袋に入ってるものがある。あれって、タマネギに何か違いがあるんだろか?

まずは、ネットの野菜と袋の野菜の違いについて、関東を中心に店舗展開しているスーパーに話を伺った。
「ネットに入れているのは、基本的に通気性を良くする必要がある野菜です。また見栄えも考えられていまして、ネットの色と同化した野菜が鮮やかに見えるんですね。特にタマネギは皮がむけやすいので、どうしてもくすんでしまう色をネットで補っている形です。また袋の野菜は、乾燥の必要がない場合はもちろんですが、衛生面を考えて入れられています。外部との接触で汚れや傷みが起こらないようにしているだけでなく、中身の汚れが他の品物へうつらないようにしています。土がついているジャガイモのような存在は、もしネットに入れてあったら、他の品物がかなり汚れてしまいますからね」

でも例えばタマネギでは、ネットに入ってる場合と、袋に入ってる場合がある。同じスーパーの中でさえ、その2種類が同居してたりする。これってタマネギに何か違いがあるの?
「いえ、違いはございません。単に包装が違うだけです」

あわせて読みたい

  • 潔癖すぎる? タイのしゃぶしゃぶは完全密封

    潔癖すぎる? タイのしゃぶしゃぶは完全密封

  • コネタの記事をもっと見る 2009年5月14日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース