bit

ほぼ100%がリピーター!? の“ミニ花火大会”に迫る

ほぼ100%がリピーター!? の“ミニ花火大会”に迫る
あらゆる種類の花火が顔をみせる長谷川商店
そろそろ花火の季節。

花火の楽しみ方は多種多様ではあるが、今回は、ある楽しみ方を提示したい。それは、業者がプロデュースする「ミニ花火大会」。その中でも、花火問屋街である浅草橋に佇む老舗「長谷川商店」のミニ花火大会に注目してみた。長谷川商店は、花火選びから、その演出まで全ての工程をコーディネートしてくれることで有名である。北海道から沖縄まで全国から注文が寄せられ、“ほぼ100%がリピーター”になるという。

“ほぼ100%がリピーター”とはオドロキの数値だが、そのワケを探りに実際にお店に行って、聞いてみた。

その秘密は、大きく分けて、2つあった

一つ目に、花火大会をプランニングする際に、小学生のような柔軟な発想も駆使して、手の込んだものが作りあげられていることが挙げられる。
それを象徴するものの一つには、空いたペットボトルとお祭りで売っているようなケミカルライトを組み合わせて花火を表現する。ペットボトルに花火をたてかけることで、四方八方に広がる花火がお花のようになり、これを何箇所かに設置することで、お花畑のようにみえる。
ただ単に、既存の花火に火をつけるというだけでなく、このような一手間が、手作り感もあいまって、“100%リピーター”要因の一つになっているのかもしれない。
長谷川商店では、一つ一つ、ビデオを利用してお客様にやり方を示すなど、かゆいところにも手が届くといった細かい配慮が見られる。そのため、大きな花火大会にはない、作っている人の「顔が見える花火大会」という部分が、より、大きな感動を与えてくれるのであろう。

あわせて読みたい

  • 花火「スターマイン」は、もともと「菊畑」だった

    花火「スターマイン」は、もともと「菊畑」だった

  • 手持ち花火セット、なぜテープでくっついてる?

    手持ち花火セット、なぜテープでくっついてる?

  • コネタの記事をもっと見る 2009年6月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース