bit

「常連」と店員の、ほどよい距離感って?

       
行きつけの店での、こんなセリフ。

「いつものヤツ」
「いつものお願い」

常連になることで、好みを覚えてもらったり、細かな配慮をしてもらえるのは、嬉しいもの。

「好みの辛さなどを知ってくれているお店はありがたい」という女性がいれば、「騒がしい団体さんが来たときなど、常連さんをさりげなく奥の静かな席に案内するようにしている」という店員さんもいる。
「団体でほぼ貸切のときでも、毎日来てくれる常連さんを断るのは悪いから、事前に状況を伝えたうえで、常連席に案内している」という居酒屋なども、珍しいケースではないだろう。
ただし、「常連」と店員との間の距離が近すぎることで、他の客が不愉快な思いや、居心地の悪さを感じてしまうということも、残念ながら少なからずある。

ある20代会社員の女性は言う。
「常連になって、コーヒーをサービスしてもらうなどはすごく嬉しかったんだけど、そのうちデザートとか、どんどんエスカレートしていって、周りに注目されるのが恥ずかしくなった」
過度な「特別待遇」は、不快とは言わないまでも、必ずしも相手にとって嬉しいばかりじゃない。

また、ある30代女性の体験は……。
「以前、飲食店の○周年記念とかの日にたまたま入ってしまい、気づいたら、自分以外がほぼ全員常連だった。そしたら、常連へのサービスとして、グラスワインが配られ、自分だけが放置状態に……。別にワインが飲みたかったわけじゃないけど、たまらなく孤独感を感じた」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。