bit

やっぱり「甘い梅干し」がお好き?

       
昔は口に入れた瞬間、「すっぱい!」「ショッパイ!」と口をすぼめてしまうほど、塩気が強かった家庭の梅干し。

毎朝、祖母に「梅はその日の難逃れ(朝、梅干しを食べると、その日一日災いを免れる)」と言われ、酸っぱさに全身がしびれながらも、御守りにも近い感覚で口にしていたものだ。

一方、初めて甘い梅を食べたときには、まるでお菓子のようでビックリしたものだけど、近年、出合う梅干しは甘いものが圧倒的に増えている気がする。

デパ地下で売られている梅干しは、塩分6%、8%、10%、さらにハチミツ入りなど、まろやかなものが多く、スーパー、コンビニでは「梅味」の商品が近年非常に増えているが、これらも甘いものだらけ。

『NHKきょうの料理』では「昔ながらの、しっかりしょっぱい梅干」として塩分20%のものを紹介しているように、一般的には梅の重さの15~20%程度の塩を使う場合が多い。だが、近年は、家庭の梅干しも塩分10%という人は増えているのではないだろうか。

塩分控えめの梅は、なんといっても、食べやすさが魅力だが、「カビが生えたり傷みやすい」ことから、冷蔵保存が必要となるなど、難点もある。
そんななか、最近は「デザート梅干」なるものも登場。塩分を2%まで落とし、日本酒とリンゴ酢などで風味づけした「デザート梅干 夢」が人気の、神戸の梅干専門店「Kyun」に、きっかけを聞いてみた。

「もともと和歌山だけで梅の会社が1000~2000社あるなかで、紀州の南高梅だけを使用し、着色料や保存料を一切使わない梅干しをなんとか全国に広めよう と、この『デザート梅』を考えました。昔からのおばあちゃんが食べそうな梅干しとは違い、若い方、梅干しを本来食べない方をターゲットにしたものです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。