bit

一眼レフ動画とビデオカメラの違いって?

       
最近、気になっているのはつぎに買う新しい一眼レフカメラを何にするかということ。そこで、ポイントになるのが写真だけでなく動画の性能だったりする。
しかし、動画を重視するなら、一眼レフよりハンディタイプのビデオカメラを買ったほうがいいのではとも思う。さて、この悩みの原因となっている動画性能だが、一眼レフとビデオカメラの大きな違いとは……。

レンズから入った被写体を撮像素子(イメージセンサー)で捉え、画像処理エンジンによって映像化してメモリーに蓄積するという基本的な構造は同じ。だが、
「一眼レフカメラの大型撮像素子と交換レンズで画質に違いが出ます」(ニコン)
どういうことか。
「大型撮像素子ならではの高画質な動画撮影や、多彩な交換レンズを活かした撮影、背景をぼかすことなどができます」との説明。

一般的に一眼レフの撮像素子はビデオカメラより大きいことが知られている。通常、同じ画素数でも大きい撮像素子のほうが画質がよい。したがって、ビデオカメラの映像とシビアに画質を比較すれば、一眼レフに軍配があがるというわけだ。
背景をぼかして被写体を浮き上がらせる撮影にも大型撮像素子が有利。さらに、300~500ミリといった超望遠レンズを装着すれば、より大きなボケ味が堪能できる。

だが、良いことばかりではない。
「長時間の撮影。そして、オートフォーカス機能が弱いです」(同社)
たとえば、ニコン製一眼レフ『D5000』の動画の最長記録時間は約20分(640×424、320×216ピクセル時)。対して、多くのハンディタイプのビデオカメラは通常1、2時間程度の撮影が可能。最近では、一眼レフでも1時間程度の撮影ができるモデルも出てきているが、全体的に見ると撮影時間の長さではビデオカメラが優位である。

また、一眼レフは動画撮影モードにすると、静止画撮影時のようなオートフォーカスが効かない。ビデオカメラは動画時においても、オートフォーカスでしっかり被写体にピントを合わせられる。これについても、動画モードのオートフォーカス機能を強化している一眼レフも一部あるものの、全体としてやはり現時点ではビデオカメラのほうが優れている。

大きな違いとしては以上のようなところだ。一眼レフとビデオカメラ、どちらのメリットを評価すべきか。一長一短あるだけに悩みは深い。あなたはどちらを選びますか。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月31日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。