bit

「免許費用=年齢×1万円」説は今も健在か

「免許費用=年齢×1万円」説は今も健在か
免許費用、いくらかかりましたか?
「運転免許をとるなら、できるだけ若いうちが良い。トシをとればとるほど高くなるから」とは、昔、よく聞いた話。

「免許費用は、年齢×1万円」なんていう言い方をする人もいた。

実際、自分は学生時代にとったが、かかった費用は20万円台後半程度。年齢より高かったが、友人・知人もやっぱり同程度が多かったのに比べ、40代でとった知人は「40万円かかった」と、50代でとった母の友人は「50万円以上かかった」と言っていた。

今でもやっぱり同じことが言えるのだろうか。
カラダの機能的には若い頃のほうが有利だろうが、それにしても、それほど年齢によって費用が異なるもの? NTTグループ「免許の窓口」に聞いた。

「当社は関東の通学校をメインに展開しておりますが、年齢がかなり上だという場合は別として、一般的には今は『年齢×1万円』ということはないですね。そもそも『年齢×1万円』と言われていたのは、30歳ぐらいからですよね?  20代でももともと30万円前後はかかった地域が多かったですから」

もともと20歳でも、「通学」では20万円では取得できなかったそうで、さらに以前は30歳以上になると、年齢とともに高くなるのが一般的だった。だが、今は30代以上の人の料金が変わってきているという。
「今は、保障つきコースを導入している学校が多くなっているんですよ。『とりきり安心パック』のようなもので、細かい但し書きはあるものの、料金の上限が決まっているコースですね。『20~25歳まで』『30歳まで』『40歳まで』など、学校によってバラバラですが、年齢に応じて上限が設定され、どこまで保障がつくかが変わる掛け捨てタイプが増えています」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年11月12日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース