bit

縦列駐車のために必要な駐車スペースの「公式」

縦列駐車のために必要な駐車スペースの「公式」
「公式」はこちら。
車を運転する人にとっての強敵といえば、洗車した直後の大雨と、“縦列駐車”であろう。後続の車のプレッシャーを感じながら、「このスペースに車、止めれるかな?」と苦渋の決断を迫られることはかなり精神的にタフな経験である。

このたび、とあるイギリスの数学者が、縦列駐車を完璧に行うための公式なるものを発表した。早速見てみたが、英語で何のことやらさっぱりわからないので、数学好きの知り合いに内容を聞いてみた。

知り合いによると、まず著者は、「私は車を前に後ろに切り替えして止めるような縦列駐車には興味がないのだよ!」と、グフに乗り込むランバ・ラル大尉ばりの主張を行った上で、「パーフェクトな縦列駐車」を、「一度も切り返すことなく、路肩と平行に車をとめる駐車」と定義している。

論文で紹介されているのは、このパーフェクトな縦列駐車を行うために必要な、縦列駐車のスペースが最低どれくらい必要か、というものである。
「公式」は画像をご確認いただきたい。
パーフェクトな縦列駐車のためには、駐車スペースの長さとして、自分の車の長さに加えて最低限以下で与えられる長さが必要である。

r:車の回転半径
l:フロントホイールとリアホイールの中心間の距離
k:フロントホイールの中心から車の一番前までの距離
w:駐車スペースの前にある車の車幅

一見ややこしい式だが、基本的には中学校の数学で習う、三平方の定理(ピタゴラスの定理ともいう)しか使っていないのだそうだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年1月4日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース