bit

「男だったら好きになってた」と言われる女性

「男だったら好きになってた」と言われる女性
マンガの中でも時々こんなセリフがでてきますね。
先日、NHK『スタジオパークからこんにちは』に芸人・光浦靖子が登場した際、締めくくりの視聴者からのFAXコーナーにおいて、以下のようなコメントが複数紹介されていた。

「私が男だったら好きになってました」
「私が男だったら結婚したかった」

これ、いずれも女性からのコメントである。

思えば、昔から、女性に「私が男だったら彼女にしたかった・結婚したかった」「好きになってた」と言われる女性は、けっこういるもの。
逆に、女性から「アンタが男だったら好きになってた」とか「結婚したかった」と言われる女性もいる。

自分の場合、がさつ真っ盛りの中学時代などには、「アンタが男だったら」と女友達に言われると単純に嬉しく思ったが、大人になって改めて考えてみると「それって女としてはどうなのか」などと複雑な気もする。

こうした「私が or アンタが男だったら~」という女性の仮定のセリフって、どういう心理からくるものなんだろうか。

実際に身の回りの女性たちに、この言葉を使用したときの心境、あるいはイメージを聞いてみると、ざっくりと挙がってきたのは以下のような内容だった。

●私が男だったら好きになっていた
「料理がうまいとか、家庭的」
「いい奥さんになりそうな人」
「優しくて甘えさせてくれる癒し系」
「まず相手のことを先に考えてくれる」

●あんた(相手)が男だったら好きになっていた
「頼もしい」
「性格がキッパリしていて、気持が良い」
「どんなところでも生きていけそうな強さを感じる」

あわせて読みたい

  • 道を聞くとき、どんな人に声をかけますか

    道を聞くとき、どんな人に声をかけますか

  • コネタの記事をもっと見る 2010年2月9日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース